2015年11月21日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、豊橋「国際自転車トラック競技支援競輪」(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で内枠3車が飛び出し、積極的に誘導員を追った@深谷知広がSを決める。序盤の並びは中部2車−ライン3番手のH柏野智典−九州2車−ライン3番手のA渡部哲男−茨城2車−単騎のE小埜正義の順。赤板HS(残り2周)からG吉澤純平が上昇し、正攻法の深谷を抑えると、このライン後位を小埜が追走する。すると深谷が一旦突っ張る素振りを見せながらも車を下げると、今度は中団取りを狙ったC小川勇介が追い上げ4番手を確保。深谷は7番手まで下げさせられる。このまま隊列一本棒でジャンを迎え、吉澤が先行勝負に出る。深谷は最終HSで捲り返しに出るも、マークのD浅井康太が離れてしまう。先行する吉澤のカカリは良く、深谷は最終2角で失速後退して圏外へ去り、最終BKから小川が捲り返すも、車は前に進まず不発に終わる。結局、吉澤番手を追走したB芦澤大輔が直線で差し交わしてVゴールを駆け抜ける。2着には最終3角から内を突っ込んで伸びたF大塚健一郎が入り、吉澤が3着に粘りました。

<結果・払戻金>
 2車単 B→F 6790円
 3連単 B→F→G 61560円

茨城コンビの結束力が、大本線の中部ラインを打ち崩しました。自身2度目のGV優勝となった芦澤は「何もしてないです」とレース後コメントしましたが、吉澤の気持ちで取らせてもらったVでした。ただ、良い位置を回っていても自らに力がなければ、Vゴールを切ることはできず、競輪祭への良い弾みになったことは間違いありません。今後の「マーク選手」としての芦澤の更なるステップアップに期待しましょう。
そして3着に粘った吉澤の走りには、大きな拍手を送りたいです。「初日特選で深谷君にやられたのを踏まえて、作戦を考えたい」と前日にコメントしていましたが、赤板からの2周先行は気持ちが入った走りで、好内容でした。仮に深谷や小川に捲られたとしても、決して責められないチャレンジャーとしての先行勝負。深谷に土を付けたことで、自信を得たことでしょう。101期ながら30歳のオールドルーキーの今後に注目したいと思います。
そして9着に敗れた深谷の組み立てには、?マークを付けざるをえません。吉澤が抑えに来た赤板HSで、深谷は突っ張る素振りを見せました。この動きがやや中途半端になって、結果、捲り返しにすら行けない流れになってしまいました。突っ張るなら突っ張ってそのまま先行する、引くなら早々に下がって下がり切った瞬間に巻き返すという、メリハリのある作戦を取るべきだったと思います。このシリーズ、連日好内容だっただけに実にもったいない走りでした。しかも2車単が@⇔Dで売れ切っていて、車券の人気をも裏切る結果に。私がこのブログで「本線人気になった選手は、それ相応の走り(内容)が求められて然るべき」と常々訴えていますが、敗けパターンに陥ったとはいえ、この日のレースは非常に残念でした。競輪祭はGP出場権・SS班防衛がかかった大事なシリーズですが、この日の反省を活かして、優勝の可能性が見えるところ(決勝進出)まで頑張ってもらいたいと思います。

さて今週の番組は、あさって23日(祝・月)にいよいよ迫ってきました「WBSラジオまつり2015」の和歌山競輪PRコーナーについてご紹介します。なお明日の競輪祭・3日目10〜12R「準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃を予定しています。都合により遅くなることもありますが、何卒ご容赦下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167888696

この記事へのトラックバック