2015年11月14日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、伊東温泉FT「ガールズ&S級シリーズ・ジャパンカップ」の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で内枠2車とH中村淳が飛び出し、積極的に誘導員を追った中村がSを決めると、群馬2車を正攻法に迎え入れる。序盤の並びは関東4車−単騎の@望月裕一郎−西日本3車の順だが、西日本ラインの番手B桑原大志に、北日本単騎のF大槻寛徳が競りかけ、道中は内外入れ替わりを繰り返す。青板BK(残り2周半手前)から、D吉田敏洋が上昇して正攻法のA天田裕輝を抑えると、番手競りは一旦、大槻に軍配が上がる。しかし赤板HS(残り2周)を迎えると、再度B桑原大志がインをすくって大槻に競りを挑む。このライン後位に望月が切り替え追走する。今度はジャン前BKから天田が巻き返しに行くと、吉田も踏み込んで先行勝負に打って出る。これで天田は、番手競りに踏み勝った大槻の横までで脚色が一杯になって失速後退し、天田番手のC稲村成浩は3番手位置に切り込む。さらに稲村は、最終2角から捲り上げる望月を併せながら、3角から捲り追い込むと、そのままの勢いでVゴールを駆け抜ける。2着には吉田が粘り、稲村マークの中村が3着に続きました。

<結果・払戻金>
 2車単 C→D 2410円
 3連単 C→D→H 9300円

天田の仕掛けを活かした稲村が、切れ味鋭い伸びを見せて3場所ぶりの優勝を飾りました。ジャン前BKからという天田の仕掛けは若干早すぎの感もありましたが、捲り不発を見て、冷静に3番手を確保した稲村の動きはさすが百戦錬磨の上手さでした。近歴は、可もなく不可もなくといった着状況の稲村ですが、今回のVがさらに弾みをつけてくれることでしょう。関東勢には活きの良い自力型が数多くいますし、今後の巻き返しに期待したいと思います。
2着となりましたが、吉田の粘りも特筆モノです。番手が競りという先行選手にとってやりにくい状況でしたが、天田の叩き返しを封じ、さらに後続の大槻に先着を許さなかったのは力の差ゆえでしょう。半ば「サラ脚」の稲村に屈したのは仕方がなかったと思います。岸和田・高松宮記念杯で「GTで深谷をマーク追走するためには、今のタテ脚をさらに磨かなければダメ」と自己評価していた吉田ですが、FTレベルのレースでこれだけの先行ができている訳ですから、次走の競輪祭でも自力・自在戦での上位進出を楽しみにしたいと思います。

さて今週の番組は、明日の豊橋GV「国際自転車トラック競技支援競輪」最終日12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは夜8時半頃を予定しています。都合により遅くなることもありますが、何卒ご容赦下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167397807

この記事へのトラックバック