2015年11月07日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、函館記念(GV)の2日目12R・優秀競走「巴賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@武田豊樹とB菊地圭尚がゆっくりと誘導員を追い、前に出た武田(記録上はS)が正攻法に収まる。序盤の並びは、関東3車−北海道2車−単騎のA村上義弘−九州2車−単騎のF石井秀治の順。青板2センター(残り2周半過ぎ)から、D北津留翼が上昇して武田を抑えると、これに石井、さらに村上も追走する。すると村上がイン切り気味に前団を叩くと、さらに菊池が外々上昇。その後、石井が踏み上げると菊地がイン切りを見せ、先頭に躍り出る。前団がイン切り合戦でもつれるのを見て、北津留がジャン過ぎから先行勝負に打って出ると、菊地が3番手、村上が4番手に収まる。5番手位置の武田は石井に抑え込まれ、仕掛けられない。最終1角から石井が捲り返しを狙うも伸びはイマイチで、3番手・菊地の横までで脚色が一杯になる。これを見て、最終3角手前から村上が捲り追い込みに出ると、直線中バンクを伸びて1着となる。北津留番手から抜け出したE服部克久が2着を確保し、2センターから村上の捲りを切り替え追走したH神山雄一郎が3着に突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 A→E 5300円
 3連単 A→E→H 41520円

北津留のジャン先行に至るまでは、イン切り合戦や抑え合いなど、低速の中での消耗戦のようなレースでした。しかしその流れを冷静に見極め、脚を貯めて捲り返した村上に軍配が上がりました。「展開が向いた」とレース後にコメントしていましたが、最終HS以降は敢えて自ら動かなかったことが、勝因になったのでしょうか。村上の単騎戦での走りに若干不安を感じていましたが、冷静な立ち回りはさすがでした。GP出場権のボーダーライン上だけに、まさに「一戦必勝」の状況が続きますが、ファンの期待に応える走りを披露して欲しいと思います。
2着の服部は、あと一歩で金星を逃してしまいました。北津留とは初連携でしたが、北津留の仕掛けにしっかり追走していました。ただ、石井の行き脚をふさいだまでは良かったのですが、村上の戦術に屈しました。中団以降のもつれに助けられはしましたが、ラインでの競走ができたからこその2着。惜しむらくは、5着に終わった北津留を1つでも上の着に残してあげたかったところでしょうか。まだまだ自力戦を求められる服部ですが、今後に向けての良い勉強となったレースだったと思います。
武田は本命を背負っていながら9着大敗。「組み立てに失敗した」とコメントを残しましたが、石井との位置取り争いで脚を使うくらいなら、早い段階で前々踏み上げるか、1車引いて石井・村上が捲る前に仕掛けておきたかったところ。中団からの捲りに固執しすぎて、墓穴を掘りました。着に関係しない優秀戦ですが、何がしかのアクションを見せて欲しかったと思いました。

さて今週の番組は、明日の伊東温泉FT「ジャパンカップ」・最終日12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは夜8時半頃を予定しています。都合により遅くなることもありますが、何卒ご容赦下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166933061

この記事へのトラックバック