2015年10月31日

11/1 函館記念GV・12R優秀競走「巴賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(1日)和歌山競輪場で場外発売が行われる函館記念(GV)の2日目12R・優秀競走「巴賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●函館記念GV・2日目

《第12R S級優秀「巴賞」》

本線 穴
◎   1 武田豊樹(茨城)
× ☆ 2 村上義弘(京都)
▲ ○ 3 菊地圭尚(北海)
    4 岡田征陽(東京)
    5 北津留翼(福岡)
    6 服部克久(熊本)
☆ × 7 石井秀治(千葉)
  ◎ 8 明田春喜(北海)
○ ▲ 9 神山雄一郎(栃木)

並び ←D6 A F @94 B8
※函館競輪HPによる

SS班コンビが主軸の優秀戦だが、地元コンビや他のSS班選手もいて混戦模様だ。
並びはほぼ想定通り。関東3車は今日と同じで、九州2車もD北津留が「積極的に自力」と前回りのコメント。A村上の「単騎で」は当然だが、B菊地が「自分でやる」と話したことで、F石井も「単騎で自力」となった。展開は、ラインの長さを活かして@武田が駆けて行きそうだが、今日の初日特選と同様、D北津留が積極的な仕掛けを見せて飛ばして行くか。そうなれば、後続選手による捲り合戦となり、力勝負での決着になろう。いずれにしても、力上位の@武田に流れが向くと見て、武田を本命視する。前回・熊本GVは、連日、平原康のアシストもあって岸和田・宮杯以来のVを飾った。今日の初日特選も、大西祐に先行させて3番手からじっくり貯めて捲り切った。神山に差されたものの、力の違いを見せつけた。明日も他派の抵抗が予想されるものの、競輪祭へのステップと考えれば、決しておざなりにはできない一戦だ。対抗は、その武田をマークするH神山。前回・千葉GVは「両膝痛」を理由に欠場したが、前々回の松戸AS決勝2着の調子は維持できているようだ。今日の初日特選でも、大西祐を番手マークした橋本強の抵抗を受けたが、これを捌き切って武田を差し交わした。明日も武田がある程度仕掛ける流れになりそうで、これを追走できれば今日の再現も十分だ。
穴軸は、思い切ってG明田を抜てきする。去年のこの大会の決勝で、連日連携した菊地の捲りに乗ってVを決めたのが記憶に新しいが、11年の静岡GV決勝でも、菊地のHS捲りから差してワン・スリーフィニッシュを決めているほど、2人の連携相性は抜群だ。今日の初日特選も、小松崎の捲り不発を受けて、インを突っ込みアタマ取りを決め、さらに菊地との現地集合ワンツーを見せた。明日は菊地が自力だけに、仕掛け次第では今日の再現も十分で、穴党に高配を運んでくれるか。B菊地の残り目や実力者A村上の突っ込み、くせ者F石井の総力戦はアタマ流しも含めて押さえなければならないか。

<本線予想> 1=9 1=3 1→2 1→7
<穴予想> 8=3 8=9 8→7 8→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166865470

この記事へのトラックバック