2015年10月24日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、千葉記念(GV)の2日目12R・優秀競走「千葉マリーンカップ」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲でG山内卓也が飛び出してSを決め、正攻法にB深谷知広を迎え入れる。序盤の並びは、愛知2車−単騎のF木暮安由−千葉2車−単騎のA稲川翔−単騎のH野田源一−西日本2車の順。赤板HS(残り2周)を過ぎ、1センターからD吉本卓仁が上昇を見せると、稲川も連れて上昇する。吉本は一旦、中団の木暮を抑えると、そのままジャンで前団を叩いてハナを切る。これには@海老根恵太や野田も切り替え追走し、深谷は後退して4番手内で海老根と並走する。吉本は後方を見やりながら、最終1センターからスパート。海老根が深谷を抑え込みながら中団4番手を確保すると、3番手位置の稲川が捲り発進。これは吉本番手のE三宅達也が大きくけん制して対応。野田や木暮も最終3角から捲り返しを狙うも車は前に進まず、深谷は8番手に下げてからは仕掛けるタイミングを逸する。結局、後続を振り切った吉本が逃げ切りを決めて1着となる。2着には大外に車を持ち出して直線伸びた海老根が入り、番手追走の三宅が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 D→@ 15450円
 3連単 D→@→E 121830円

深谷が中団イン詰まりで苦しむ中、吉本が番手・三宅の好アシストもあって、見事な逃げ切りを決めました。深谷を逃がしては、なかなか捲り合戦を制するのは厳しいと見たのでしょうか、吉本は果敢に先行しました。近歴、先行の決まり手が少なくなっていた吉本でしたが、持ち味の強地脚を披露しての1勝。しかも深谷を相手にした1着ですから、今後の自信につながってくることでしょう。
番手を回って3着でしたが、三宅の好アシストも光りました。最終BKで若干車間を空けて、後続をけん制。ここまでは番手選手なら当然でしょうが、真後ろから捲って来た稲川をしっかりけん制できたのは、まさに好プレーです。気風の良い先行・自力を見せていた三宅ですが、自力で頑張っていたからこそ、追込み選手がアシストする大切さを分かっていることでしょうし、この日の厳しいけん制はそれを具現化していたように見えました。あとは場数による慣れだけかもしれません。
深谷は8着大敗。中団の位置取りにこだわり過ぎたからか、なかなか車を下げませんでした。そしてそのぶん海老根に押さえ込まれ、反撃の機会を逸しました。「車券の人気の中心である以上、本命選手にはそれ相応の走りが求められる」と、私はいつもこのブログで訴えていますが、まさに「策士、策に溺れ」、策なしに終わってしまいました。4日間のシリーズでは、1日くらいそういった走りがあるかもしれませんし、着に関係しない優秀戦ですから多少は目をつぶることがあるかもしれません。しかしそれは、上位着を目指して仕掛ける動きがあってからこそです。勝負所で8番手まで下がって、結果、流れ込み大敗ではファンは納得してくれません。GP出場権に黄信号が灯っている現在、深谷の開き直った走りに期待したいと思います。

さて今週の番組は、明日の大垣記念・2日目12R・優秀競走「麋城賞 山田裕仁カップ」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは夜8時半頃を予定しています。都合により遅くなることもありますが、何卒ご容赦下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165990287

この記事へのトラックバック