2015年09月05日

9/6 青森記念GV・12R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(6日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、青森記念(GV)の最終日12R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●青森記念GV・最終日

※明日は9Rで「ケイリンエボリューション」が行われるため、S級決勝は12Rで行われます。前売り車券購入・電話投票の際は十分ご注意下さい。

《第12R S級決勝》

本線 穴
☆ ☆ 1 佐藤友和(岩手)
◎   2 新田祐大(福島)
  ▲ 3 平原康多(埼玉)
×   4 成田和也(福島)
    5 芦澤大輔(茨城)
    6 箱田優樹(青森)
○ × 7 早坂秀悟(宮城)
  ○ 8 牛山貴広(茨城)
▲ ◎ 9 神山雄一郎(栃木)

並び ←EF1 A4 B985
※「Keirin.jp Stream」翌日の予想による

準決は主力組が結果を出した。明日は地元別線の3分戦だけに、紛れも生じるか。
並びは、関東勢はB平原が「自力」で、H神山が番手回りになった。そしてG牛山が「神山さんへ」と3番手を選択。注目された北日本勢の並びは、福島コンビとその他3車が別線となった。E箱田の番手はF早坂で、@佐藤が3番手。展開は、ライン4車となったB平原の積極駆けも考えられるが、E箱田が飛び出してF早坂の番手捲りが濃厚か。ただその場合でも、タイミング良く仕掛けられればA新田のチャンス到来となる。前回・函館SNFでは優参を果たすも、決勝では勝負所で仕掛けきれずに後方に置かれ、捲り追い込んだものの2着に終わった。明日は北日本が一本にならなかったことから展開次第にはなるが、最悪の流れでも自ら切り開いていける脚力があるだけに、中心は揺るがないと考えて良さそうだ。対抗は、箱田番手から抜け出すF早坂。前回の福井GVは@・@・1・BとVこそ逃したが、連日最終BKを取る持ち前の積極性が目を引いた。今節の勝ち上がりはE・2・2と未勝利だが、今日の準決ではジャン過ぎ先行でHB取っての2着と、自慢の粘り腰を披露。明日は番手捲り策濃厚だが、後続のもつれ次第では押し切りも十分ある。悲願のGV優勝へまっしぐらだ。
穴にならない穴軸はH神山。前々回の富山GVで最終日に落車した影響があったのか、前回の函館SNFではE・4・7と、神山らしさがまったく感じられなかった。しかし今節は、初日特選でE着だったものの、二予の1着、今日の準決での2着は、さすがのレース運びだった。年末GPの出場権争いを考えれば、賞金ランキングの上では余裕のある神山だが、オールスターや10月のGVラッシュを安心して迎えるためにも、ここは落とせない一戦だ。復調途上のB平原も良いが、神山後位のG牛山、早坂マークから伸びる@佐藤も2〜3着受けに押さえておきたい。

<本線予想> 2=7 2=9 2→4 2→1
<穴予想> 9=8 9=3 9→7 9→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:46| Comment(7) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
山本さん、お久しぶりです。
後閑が迷惑を掛けた和歌山から、少し調子を崩していました。
今は、大丈夫です。
少し前の話になりますけれど、サマーナイトは、近藤龍が優勝でしたね。
自分は、浅井から行って絶句しました。
自分的には、ガルフェスの方が注目していましたけれど、また準優勝でした。
そろそろ小林優香に勝ちたいよ。
さて、青森記念ですが、うーん。
関東民なら平原と思いますが、そう簡単に行かないですね。
果たしてどうするのかな?
和歌山勢は、エボリューションに藤田がいます。
一ノ瀬みたいに、メロンから優勝してほしいですね。
買いませんが、一成で良いですね。
昨日は、川口オートのナイターに行ってきました。
いつものように負けました。
結構神秘的だったので、結構成功ですね。
12735人来ましたけれど、去年のKEIRINグランプリに勝っているわけですね。
そういえば、和歌山で入場1万人超えたのはありますか?
Posted by プラネットスカイ at 2015年09月06日 02:44
私も久しぶりのコメントです。普段だと決勝戦のメンバー的にスルーですが、井上薫氏が放送席にいるとなるとそうもいきません(^^;;。北日本が地元支部を盛り立てるとみて、早坂=佐藤から軽く勝負します。
プラネットスカイさん こんにちは。川口オートというと場の応援ソング「ぶっちぎりの青春」が浮かびます。かつて埼玉在住の頃 ローカルの公営競技番組でこの曲が流れるのが楽しみでした(o^_^o)。
Posted by コタカ at 2015年09月06日 15:03
プラネットスカイさんへ

久々のコメントありがとうございます。
調子を崩されたのは、体調ですか? フトコロ具合ですか? いずれにしてもお大事に。
青森記念は芦澤が優勝しましたが、関東ラインのチームプレーのたまものですね。エボルーションの藤田は、脚の差ですから仕方ありません。むしろ果敢に先行したことを評価したいです。
川口オートは初めてのナイターだったんですね。オンデマンドで見ましたが、スーパースターフェスタ並みのすごい盛り上がりだったようですね。この盛り上がりが続かないと、ただの打ち上げ花火で終わってしまいます。オートも業界全体で頑張らないと、船橋だけでは済まなくなりますからね。
和歌山の最高入場者数は、1985年のふるさとダービー決勝で8500人だったような記憶がありますが、また確かめておきます。
Posted by 山本D at 2015年09月07日 06:59
コタカさんへ

コメントありがとうございます。
薫さんも、もはや全国区の解説者です。青森へは、去年あたりから出張っていく機会が増えたようです。しかも今回はトンボ帰りで、今日から地元岸和田・ガールズFT戦のCS解説&ガイダンス。これはこれで人気者はつらいですね。
Posted by 山本D at 2015年09月07日 07:08
山本さん、こんばんは。
崩していたのは、体調です。
車券も全然当たりません。
現地参戦した京王閣の後から6連敗中です。
そう簡単には当たらないのは分かっているけれど、スランプを抜け出したいです。
和歌山の入場の事について、調べてくださってありがとうございます。
しかし、85年はふるダビやっていないので、おそらく95年の事と思います。
もう20年前の事なんですね。
平日だったとは言え、8500人しか入っていないのは、結構遠い事もある訳なんですね。
川口の件ですが、2日目は雨だったこともあって日曜なのに7882人でした。
結構入っている訳だけど、平日になってどうかなと言う所です。
ただし、こっちも台風の影響で優勝戦も雨になりそうです。
どうなるのかな?
Posted by プラネットスカイ at 2015年09月08日 00:21
コタカさん、こんばんは。
ぶっちぎりの青春は、今でもグレードレースの時にはバッハプラザで流れていますよ。
中継もGI・SGの優勝戦は中継してくれているので、結構テレ玉は使えます。
川口本場でも試走の時に流れているわけなんですが、ナイター初日は流れませんでした。 
こういうスタイルで行くことにしたのかな?
そういうわけですね。
Posted by プラネットスカイ at 2015年09月08日 00:27
プラネットスカイさんへ

コメントありがとうございます。それと誤りのご指摘ありがとうございます。
和歌山競輪場の最高入場者数について、競輪場に確認したところ、1973年(S48年)12月30日の本場開催で、2万4563人というのが最高だそうです。ちなみに当日は近畿の他場で開催がなく、単独開催だったのが理由のようです。
また95年のふるさとダービー最終日の入場者数は、約8500人で間違いないそうです。岸和田での場外発売はなかったので、岸和田のファンの一部が和歌山にやって来て、それ以外のファンは西宮や奈良、大津びわこでの場外発売に行ったのでしょう。ちなみにその頃の記念(和歌山グランプリ)は、6500人くらいの入場者だった記憶があります(これも不確かですが…)。
Posted by 山本D at 2015年09月09日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162914762

この記事へのトラックバック