2015年09月05日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、小田原記念(GV)の2日目12R・優秀競走「銅門賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲でC大槻寛徳が飛び出してSを決め、正攻法にF小松崎大地を迎え入れる。序盤の並びは、北日本2車−関東2車−神奈川2車−瀬戸内3車の順。33バンクとしてはレースの動きが早く、青板HS(残り3周)からE阿竹智史が踏み上げて、正攻法の小松崎を抑える。この動きをB木暮安由が追走し、4番手位置で下げた小松崎と併走。すると今度は赤板HSで@和田真久留が上昇し、阿竹を叩いて先頭へ躍り出る。和田はそのままジャン前BKから先行勝負を敢行すると、叩かれた阿竹は車間が空いてしまう。さらに小松崎が巻き返しに出ると、一旦3番手に収まりながらも捲り返しに行く。しかし小松崎の動きには、和田番手のD林雄一がブロックして対応。前団がややもつれるところ、今度は中団から木暮が捲り追い込みに出る。結局、最終4角で和田を捉えた木暮が後続を振り切り1着になる。2着には小松崎マークから切り替え気味に外を踏んだ大槻が突っ込み、逃げ切りを図る和田を交わした林が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 B→C 5210円
 3連単 B→C→D 44290円

出入りの激しいレースでしたが、主導権争いから前団がもつれるところを、冷静に見定めた木暮が優秀戦を制しました。自在脚でトリッキーな動きを見せる木暮ですが、ここは落ち着いた攻めを見せていました。中団の取り合いもほとんどなく、脚を貯められたのは大きかったでしょう。先行する機会が徐々に少なくなっているとはいえ、連絡みのほとんどが捲りによるもの。前々に攻めるのが本来のスタイルですから、むしろ飛び付きや中団争いの捌きで魅せて欲しいところですが、一瞬のダッシュにも定評がある木暮。もうしばらくは、この日のようなレースでファンを魅了してほしいものです。
3着の林は惜しい星を逃しました。和田の果敢な攻めを活かし、捲り返して来た小松崎をしっかりブロック。アタマ取りのチャンスでしたが、木暮の捲りに屈しました。平塚・小田原・川崎の地元神奈川3場戦は、きっちり結果を残す林ですが、今回もまずまずの動きを見せていました。「調子が悪い」とコメントする中でも、上位戦に顔を出して来たのは、地元戦に対する気持ちがそうさせるのでしょう。この結果を今後のGT・GU戦線で活かしてもらいたいと思います。

さて今週の番組は、明日の青森記念・最終日12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは夜8時半頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162576736

この記事へのトラックバック