2015年08月29日

8/30 小田原記念GV・12R優秀競走「銅門賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(30日)和歌山競輪場で場外発売が行われる小田原記念(GV)の2日目12R・優秀競走「銅門賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●小田原記念GV・2日目

《第12R S級優秀「銅門賞」》

本線 穴
☆ ○ 1 和田真久留(神奈)
×   2 桑原大志(山口)
▲ ▲ 3 木暮安由(群馬)
  ☆ 4 大槻寛徳(宮城)
  ◎ 5 林 雄一(神奈)
    6 阿竹智史(徳島)
○ × 7 小松崎大地(福島)
    8 朝倉佳弘(東京)
◎   9 岩津裕介(岡山)

並び ←F4 E92 @5 B8
※「Keirin.jp Stream」翌日の予想による

小回りバンクだけに、初日は波乱の連続。優秀戦も各車横一線で、混戦になるか。
ライン構成は細切れ4分戦で、想定通りの並び。北日本・関東・地元神奈川がライン2車。B木暮も「流れ見て自力」とコメント。ライン3車の瀬戸内勢は、A桑原が「岩津君の後ろで」と話し、阿竹の後位は今日と同じ陣形になった。展開は、自力4車の比較になれば、積極性で上回るF小松崎が主導権で、他派が捲り返す流れになろうか。そうなれば、阿竹の仕掛けを活かして車群を縫って来そうなH岩津を本命視したい。前回・サマーナイトFでは優参して決勝4着。その4着も、柏野智との接触がなければV奪取もあったかもという“もったいない”4着だった。中4日で「疲れが少しある」とコメントした岩津だが、今日の初日特選(3着)の動きは決して悪くなかった。明日は阿竹のカマシ・捲りを追走して、G前強襲を見せてくれるのを期待した。対抗にはF小松崎を指名。前々回・親王牌では2・5・2・4と着を上手くまとめたが、前回の小倉ナイターFTでは優参を逃すなど、やや安定感に欠けるか。しかし今日の初日特選では、赤板HSからの2周駆けで2着に逃げ粘り、ハナを切れば力強いところを披露した。明日も主導権取りに苦労しなければ、番手・大槻のアシストを受けて、押し切ってしまうことも期待できる。
穴軸は、D林を指名。前回サマーナイトFでは予選落ちを喫した林だが、負け戦の2走を3・2でまとめた。今節も前検日のコメントで「26日までは松坂洋平ともども絶不調」と話してはいたが、和田の捲りにしっかり喰らい付き2着、優秀戦進出を確定させた。明日も和田の仕掛けが決まれば、アタマ取り&地元ワンツーまで望める。地元同然の小田原(ホームは平塚)だけに、準決の勢いをつける意味でも、ここは落とせない一戦だ。自在戦で不気味な立ち回りのB木暮、先行・捲り両面作戦でアタマ取りまで望める@和田は当然だが、混戦からの突っ込みもあるA桑原・C大槻も2〜3着受けだけでは足らないかもしれない。

<本線予想> 9=7 9=3 9→2 9→1
<穴予想> 5=1 5=3 5→7 5→4


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162508496

この記事へのトラックバック