2015年08月22日

8/23 熊本FT・11R「S級初日特選」 予想

今週のブログ予想は、あす(23日)和歌山競輪場で場外発売が行われる熊本FT「S級シリーズ・ジャパンカップ」の初日11R「S級初日特選」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●熊本FT「ジャパンカップ」・初日

《第11R S級初日特選》

本線 穴
    1 根田空史(千葉)
    2 山内卓也(愛知)
☆ ◎ 3 服部克久(熊本)
○ ○ 4 稲毛健太(和歌)
× ☆ 5 望月永悟(静岡)
▲   6 小野大介(福島)
  ▲ 7 筒井敦史(岡山)
    8 山田幸司(神奈)
◎ × 9 城 幸弘(山梨)

並び ←@58 H6 B7 C2
※「Keirin.jp Stream」翌日の予想による

滑走路バンクが舞台のFT戦。初日特選は実力拮抗の難解戦で、本命も穴もない。
並びコメントから、ライン構成は細切れ4分戦。ほぼ想定通りの並びとなった。@根田は南関先頭で「先行基本」。B服部・C稲毛・H城は、いずれも「自力」のコメントを残した。積極的な自力選手が多く、展開は読みづらいが、ライン3車の長さを活かして@根田が主導権取りに動き、他派が捲り返しを狙う流れになるか。南関追い込み勢に有利になりそうだが、近歴の動きの良さからH城に本命の◎印を打つ。7月京都向日町以来、3場所連続で優参。前回の豊橋GV決勝では、深谷知の先行に捲り迫れなかったものの、諸橋愛のVを引き出すのに貢献した。明日はライン2車だけに捲り主体の攻めになりそうだが、カマシ先行もできることから、思い切った攻めで好配を提供するか。カマシ先行もありそうなのは、対抗格に推したC稲毛も同じ。前回の青森FTでは、A・1・@で今年初Vを飾った。着状況が今年に入ってから、今一つ良くなかっただけに、この優勝は今後の自信につながるはず。今回のメンバー構成も、サマーナイトFで一線級がいないだけに、連続Vの可能性が高まった。しかも番手マークは前回の青森で2度ワンツーを決めた山内で、今回も十分期待できそうだ。
穴軸は、地元戦にかけるB服部。3場所前の松山、2場所前の青森と連続FT優勝を決めたが、前回の富山GVは準決敗退を喫した。しかし、初日特選で池田勇の先行を捲り切って1着になり、さらに優秀・準決では主導権取りに動くなど、積極的な走りが目立った。明日は、主導権争いを誘ってタイミング良く発進できれば、持ち味のダッシュを活かしてアタマ取りまで期待できる。各ライン番手回りのE小野・F筒井・D望月、そして印は回らなかったがA山内には、2〜3着受けだけでなく、アタマ押さえも必要か。

<本線予想> 9=4 9=6 9→5 9→3
<穴予想> 3=4 3=7 3→9 3→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162048817

この記事へのトラックバック