2015年08月22日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、富山記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは号砲でけん制状態となるも、D南修二が誘導員を追いかけ、@脇本雄太を正攻法に迎え入れる。序盤の並びは、近畿・中部4車−単騎のB山田英明−同じく単騎のE相川永伍−南関3車の順。レースの動きは33バンクとしては早く、青板前BK(残り3周半)からC近藤隆司が踏み上げて、正攻法の脇本を抑える。近藤は1周半脇本を抑えると、赤板HS(残り2周)でハナに立つ。この動きに山田・相川も続き、脇本は6番手位置に車を下げる。すると近藤がジャン前BKからペースを上げて、目イチの先行勝負に打って出る。これに対して脇本は、車間を空けて最終1角から捲り返しに出るも、車間はなかなか詰まらない。そして最終3角、脇本の接近に併せて、F五十嵐力が番手捲り気味に抜け出そうとした瞬間、五十嵐が近藤の後輪にハウス(接触)して落車(過失走行で失格)。後続のA松坂英司も落車する。この落車を避けてインを突っ込み、直線伸びた山田が1位で入線するも、近藤に対する内側追い抜きで、痛恨の失格裁定。落車を避けて外を伸びたD南修二が、繰り上がりで自身GV初優勝となる。大外伸びた相川が2着、逃げ粘った近藤が3着になり、大波乱の決着となりました。

<結果・払戻金>
 2車単 D→E 41840円
 3連単 D→E→C 388950円

五十嵐・山田のW失格という荒れたレースになりましたが、2位入線の南が繰り上がって、自身初のGV優勝となりました。近歴、今一つ伸びきっていない感がある南でしたが、地元の高松宮記念杯終了後、調子が急上昇。親王牌でも準決まで進出しました。今回は、調子が悪いながらも何とか優参。表彰式の南に笑顔はありませんでしたが、これがきっかけでさらにステップアップしそうなのは事実。今度は、自らの力でVをたぐり寄せてもらいたいですし、GVにとどまらずGT・GUでの活躍も期待したいところです。
山田は、まさかの失格で惜しくも金星を落としました。落車があったことと、南が押圧気味にインに落車を避けてきたことで、やむを得ず退避路に進路を取っただけで、これは免責理由に当たるのでは…。そこからの内抜きで失格になるのは、少し酷ではないかと感じました。ただそれとは別に、4角からの伸びは良かったと思います。もともとGVレベルの優勝は期待されていた逸材でしたし、これにめげず早い段階で次のチャンスを作って、モノにしてもらいたいです。
そして、批判されるべきは五十嵐の「うっかり落車」です。後続の動きを気にするあまり、近藤との車間が詰まっているのに気付かず追突。松坂を(だけでなく山田や南らも)巻き込んだ落車は、単なる失格では済ませられません。自身のVチャンスをみすみすフイにしただけでなく、完全にレースを壊してしまいました。五十嵐から車券を買っていたファンは、落胆では済ませられないほどのショックを受けていました。実際、和歌山競輪場で、富山記念場外終了後の京王閣ナイター場外にいたファンの中には「五十嵐から買うてたけど、あんなのプロのレースやない。半年くらい斡旋停止してやったらいい」という厳しい声もありました。こういった声に負けず、五十嵐には今後の結果で見返してもらいたいと思います。

さて今週の番組は、明日の熊本FT・初日11R「S級初日特選」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは夜8時半頃を予定しています。なお、サマーナイトフェスティバル・最終日の予想については、申し訳ありませんが配信予定はございません。悪しからずご了承下さい。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161849899

この記事へのトラックバック