2015年08月08日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、和歌山競輪FU・最終日10R「A級決勝」と、四日市記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のWヘボヘボ予想でした。

【和歌山FU・10R「A級決勝」】
号砲でB舛井幹雄が飛び出しSを決め、C谷口明正を正攻法に迎え入れる。序盤の並びは、三重3車−中部別線のF水谷将司−マークの福岡2車−単騎のG内村竜也−近畿2車の順。レースの動きは早く、青板3角(残り2周半)から、@石塚輪太郎が上昇して正攻法の谷口を抑えると、谷口は引いて一旦4番手に収まる。ジャン前BKでハナに立った石塚がペースを上げて行くと、後方7番手から水谷が巻き返しに出る。しかし石塚が突っ張り、水谷を出させないと抵抗。水谷が3番手に車を下げると、最終HS手前から谷口が再度踏み返し、石塚と先行争いを繰り広げる。谷口は最終BKで石塚番手のE藤井孝則の横まで来るも、3角で藤井にけん制を受け脚色が一杯に。直線に向いて藤井が石塚を差し交わすところ、中バンクを突っ込んだ中部3番手のH若松孝之が伸びて、Vゴールを駆け抜ける。2着には藤井が入り、石塚が3着に逃げ粘りました。

<結果・払戻金>
 2車単 H→E 36640円
 3連単 H→E→@ 201830円

【四日市記念11R・S級決勝】
号砲直後ひと呼吸置いて、@浅井康太・C中村一将・F村上義弘・H柏野智典が誘導員を追いかけ、村上が正攻法に収まる。周回中の位置取りは、近畿2車−三重2車−単騎の柏野−千葉2車−ライン追走の北日本2車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、G近藤隆司が車間を切って外に車を持ち出して仕掛けるタイミングを計ると、正攻法の村上は目で後方の動きをけん制する。ジャン前BKを迎え、近藤がやおら仕掛けていくも、村上が突っ張りそのまま先行態勢に。近藤は前団に迫れるも最終1角で失速後退し、マークのA小埜正義は6番手に入り直す。3番手位置を確保したD柴崎淳が、近藤を捌きつつ最終1角から捲り返しに出ると、小埜も後捲りを打ってV争いに参戦。しかし柴崎マークの浅井が、最終3角から小埜を捌きつつ捲り気味に追い込んで行くと、直線を鋭く伸びて地元GV3連覇となるVゴールを駆け抜ける。2着には柴崎が残り、3着には内々空いたコースを突いて伸びた柏野が飛び込む。

<結果・払戻金>
 2車単 @→D 630円
 3連単 @→D→H 3460円

和歌山FU・A級決勝は、若松の鮮やかな追込みが決まりました。谷口が前に迫り切れず、番手の舛井が内に入ってコースが空かなかったのと対照的に、サラ脚で外へ車を持ち出した分、直線一気に伸びてきました。5月武雄FT・A級戦以来のVですが、浅井康太らと日頃練習している成果が徐々に良い方向で結果に現れています。初のS級昇格も見えてきそうです。3着に終わりましたが、石塚も良く逃げ粘りました。水谷・谷口の逆襲を許さず、ジャン前先行で好走。地元ファンから「S級に上がった105期生もいるのに、石塚はどうなってるんや?」という声を聞きます。このレースを見ていると、徐々に力を付けているのがよく分かります。今後の活躍を期待したいと思います。
四日市記念・決勝は、地元2車の巧みなチームプレーでワンツーを決めました。村上が「魂の先行」を見せると、慌てず騒がず3番手位置を確保。さらに柴崎が近藤を捌きながらスパートに入ると、浅井は敢えて車間を詰めずに追走。さらに小埜が後捲りに出たのを見て、浅井が捌きながら捲り追い込み。そして計ったようなワンツー決着。浅井のレース運びの上手さが凝縮されたようなレースでした。前橋GVで優勝した際も「中部の中心として頑張りたい」というコメントをしていましたが、まさにコメント通りの結果で、仮に浅井の捲り追い込みが失敗しても、柴崎がVを獲れるように策をめぐらしたのが見て取れる走りでした。これがあるからこそ、対中部勢の攻略は今後もなかなか厳しいような気がします。

さて今週の番組は、明日の豊橋記念・最終日12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお当ブログへのアップは、11Rの「ワールドステージ」と合わせて、夜9時頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/160191846

この記事へのトラックバック