2015年06月18日

6/19 「高松宮記念杯競輪」(GT)2日目 12R「龍虎賞」 予想


岸和田に興奮と感動が再び!

     「高松宮記念杯競輪」応援 臨時号PART2



今夜はブログ臨時号として、あす(19日)岸和田競輪場で行われる「第66回高松宮記念杯競輪」(GT)の2日目・12R「龍虎賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高松宮記念杯競輪GT・2日目

《第12R S級「龍虎賞」》

本線 穴
◎   1 武田豊樹(茨城)
  × 2 村上義弘(京都)
  ☆ 3 浅井康太(三重)
  ▲ 4 深谷知広(愛知)
×   5 神山雄一郎(栃木)
○ ○ 6 金子貴志(愛知)
☆   7 平原康多(埼玉)
▲ ◎ 8 新田祐大(福島)
    9 稲川 翔(大阪)

並び ←C63 F@5 G A9
※「Keirin.jp」龍虎賞共同インタビューによる

白虎賞・青龍賞ともラインで上位独占。明日の「龍虎賞」は、まさに決勝の前哨戦だ。
ライン構成は白虎賞・青龍賞と同様、3分戦+単騎が1車の構成。なんとG新田が単騎回りとなり、面白さ・難しさが倍増といったところだ。並びも今日と同様で、関東は明日もF平原が「自分が前で」とコメント。展開は、中部・関東が叩き合うところを、近畿と新田が捲り返す流れか。しかし叩き合いが長引くと、新田の思うツボになり、そのあたりのサジ加減が各派難しいところだろう。しかし、先行・捲りいずれでも平原が気合いでレースを作ると見れば、番手から@武田が伸びてくると見て、武田に◎印を付ける。今日の青龍賞は、平原の先行を3車程度車間を切って後方をけん制。そこから新田の捲り返しに併せて、完璧な差し交わしを見せ、ラインで上位独占を決めた。レース後コメントの「まだまだ技術不足」はご謙遜か。明日も同様の展開が見込まれることから、連勝決めて、胸突き八丁の準決へ進出だ。対抗は、深谷の仕掛けから伸びるE金子。今日の白虎賞では、深谷のHS捲りにややクチが空き、しかも稲垣に捌かれそうになりながらも番手を死守。さらに差し切るという素晴らしいレースぶりだった。明日はスンナリの展開にはならないだろうが、深谷の主導権取りが成功すれば、今日の再現も十分だ。
穴にならない穴軸はA新田。今日の青龍賞は、完全に関東ラインに動きを監視され続ける厳しい展開だったが、何とか4着確保し、龍虎賞にコマを進めた。しかし、北日本勢が勝ち上がれず、明日は単騎での戦いを強いられることになった。しかし、後続を気にする必要のない構成なら、むしろ気楽に戦えるのではと見たい。勝負所まで前団がもつれ続けるなら、一気のゴボウ抜きもありえる。C深谷・F平原の残り目、A村上・B浅井・D神山の突っ込みも押さえておきたい。

<本線予想> 1=6 1=8 1→5 1→7
<穴予想> 8=6 8=4 8→2 8→3

よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
見ごたえあるレースが一杯有りましたね‼特に、和歌山勢は最高のスタートでした。近況から、東口選手は全くダメと思ってましたが、いい突っ込みでした。稲毛選手は思いきり良くラインで独占は嬉しいですね。この勢いで決勝まで行ってもらいましょ。個人的には川村選手の脱落が残念。土日はライブ行きますよ‼
Posted by 岸和田オヤジ at 2015年06月18日 22:22
岸和田オヤジさんへ

久しぶりのコメントありがとうございます。
和歌山勢は最高のスタートを切ってくれました。結果もさることながら、稲毛は持ち前の先行勝負、東口は思い切った追込みで、内容も良かったです。明日は厳しいメンバーですが、準決進出目指して頑張ってもらいたいですね。
Posted by 山本D at 2015年06月18日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/141499626

この記事へのトラックバック