2015年06月13日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、取手記念(GV)の2日目12R・優秀競走「助さん格さん賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@武田豊樹・E五十嵐力がゆっくりと誘導員を追いかけ、五十嵐が正攻法に収まる。序盤の並びは、単騎の五十嵐−関東2車−四国2車−近畿2車−単騎のF山崎芳仁−単騎のG竹内雄作の順。レースの動きは早く、青板2角(残り2周半手前)からB村上義弘が上昇し、正攻法の五十嵐を抑える。五十嵐は車を下げ正攻法に村上が入れ替わると、村上を追走したA原田研太朗と五十嵐が3番手位置をめぐって並走する。しかし赤板HS(残り2周)で五十嵐がこれを嫌い、イン切り気味に村上を叩くと、さらに原田がジャン前BKで五十嵐を叩いて出て行こうとする。すると五十嵐がイン粘りを敢行し、原田マークのC香川雄介と競り合いを演じる。前団がもつれる中、村上が最終HSからカマシ先行に打って出ると、原田を捉えて先頭に躍り出る。これを追走した武田が最終2角過ぎから捲って出ると、3角で村上を捉える。結局、勢いそのままに武田が1着になり、武田マークのD諸橋愛を捌いて直線伸びた村上番手のH稲川翔が2着に突っ込む。3着には、武田ライン後位追走から直線伸びた山崎が確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→H 2820円
 3連単 @→H→F 19070円

原田が主導権かと思いきや、村上が思い切ったカマシ先行を敢行し、その勢いをもらった武田が連勝を決めたレースでした。「先行基本」というコメントの武田でしたが、原田が行く気を見せると脚を貯めての後方待機。「叩きに行くべきだった」というレース後のコメントでしたが、後方待機策が実を結びました。それでも3番手でじっとしているのではなく、村上が出切ってやや流し気味になったのを見計らって、捲り発進した動きは迫力を感じました。地元記念にかける思いがひしひしと伝わる走りだったと思います。次のGT・高松宮記念杯への視界は良好といったところでしょうか。
4着に終わりましたが、村上のカマシ先行も気合いが感じられました。「原田や武田に主導権は握らせん」という強い気持ちの先行策。しかも4着に粘り込んだのは、さすがです。「若いヤツに任せてばかりじゃなく、自分が行くときは行く」というレース後コメントでしたが、まさにラインの先頭を走る際の心構えを、実際に示してくれました。こういうレースをしているからこそ、このシリーズに参加していた山田久徳や、他の京都の自力型に良い影響を与えるのでしょう。武田同様、次節は地元地区・岸和田の宮記念杯。ファイナリストへ名前を連ねてくれることを大いに期待したいと思います。

さて今週の番組は「山本ディレクターの競輪トピックス」として、最近の競輪界の話題をご紹介します。なお明日の広島FT「西日本カップ」の2日目9〜11R「S級準決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃を予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138915107

この記事へのトラックバック