2015年05月23日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、全プロ記念競輪(FU)の最終日11R「スーパープロピストレーサー賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@武田豊樹・A新田祐大・E渡邉一成・G佐藤友和が出て行き、内枠を生かした武田がSを決めH平原康多を正攻法に迎え入れる。序盤の並びは、関東2車−北日本4車−単騎のB深谷知広−単騎のF村上義弘−単騎のC井上昌己の順。レースの動きは思ったよりも早く、青板1センター(残り3周過ぎ)から村上が上昇して、正攻法の平原を抑える。村上の動きに単騎の残り2車も追随し、深谷が赤板HS(残り2周)で村上を叩く。しかし深谷の動きを追走した新田が深谷をさらに叩いて出ようとするも、一旦下げた平原が内に切れ込み、新田マークの渡邉に競りを挑む。後位が競りになって駆けにくくなったのか、新田がペースを緩めていると、ジャンから深谷が一気のカマシ先行に打って出て、これを井上が追走し2車で出切ってしまう。さらに新田後位の競りは平原に軍配が上がり、競り負けた渡邉以下のライン3車は7番手以降に後退。そして最終2角から新田が捲って出るも、深谷のカカリも良く、新田はなかなか前に出られない。その前団のもつれを見て、平原が2センターから外へ車を持ち出して捲り追い込みに打って出ると、空いたインコースを縫って伸びた武田がVゴールを駆け抜ける。2着には深谷マークからインを伸びた井上が入り、深谷との写真判定を制した平原が3着に食い込む。

<結果・払戻金>
 2車単 @→C 9250円
 3連単 @→C→H 53340円

翌日に寛仁親王牌の予選ともいうべき全プロ競技会を控えているだけに、単調なレースになるかと思いきや、平原の飛びつき策や深谷・新田の雁行状態など、GT決勝と全く遜色ない、激しく見応え十分のSPR賞でした。武田の優勝は、最終2センターから内へ入って行った際の、巧みなコース取りゆえではありますが、その前提として、平原の飛びつきというこれ以上ないアシストがあったからなのは、間違いないでしょう。レース後のコメントでも武田が「新田を簡単に出させてはいけない」と思っていたようですが、翌日に競技会があるとかは関係なく、レースになると平原の闘争心にスイッチが入ったのでしょう。そして「本当に良いラインを組んでいます」という信頼関係が、ラインの総合力として、ワン・スリーフィニッシュにつながりました。いつもこのブログでお話している、「レースにおけるそのラインの役割(分担)を認識して、それを果たし」「ハラを括った者が一番強い」を、関東2車が見せ付けたレースでした。

さて今週の番組は、明日の和歌山ガールズFU・最終日11R「ガールズ決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。9R「ガールズ一般」、12R「A級決勝」、さらに併売の宇都宮記念2日目・12R優秀競走「みやかめ賞」の予想と合わせて、ブログへのアップは夜9時過ぎを予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/131543825

この記事へのトラックバック