2015年04月18日

4/19 川崎記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(19日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、川崎記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●川崎記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
◎ ☆ 1 平原康多(埼玉)
○ ▲ 2 深谷知広(愛知)
  ○ 3 中川誠一郎(熊本)
  × 4 桐山敬太郎(神奈)
× ◎ 5 浅井康太(三重)
    6 金子幸央(栃木)
☆   7 脇本雄太(福井)
    8 志智俊夫(岐阜)
▲   9 諸橋 愛(新潟)

並び ←E@9 C A58 FB
※「Keirin.jp Stream」明日の予想による

京都勢が敗退も、豪華メンバーが揃った。流れ一つで本命も穴もなくなる大激戦だ。
各ラインの並びは概ね想定通り。中部3車は当然として、注目の関東3車は、E金子が「前で頑張る」と話して並びが落ち着いた。もう一つの注目だった近畿単騎のF脇本の後位は、B中川が名乗りを挙げ、C桐山が単騎での立ち回りを選択した。展開は、A深谷・F脇本もいるが、E金子が思い切った仕掛けを見せるか。関東勢の先制が決まれば、番手から抜け出し万全の態勢になりそうな@平原を本命視する。前回西武園(決勝2着)から中3日の参戦。今節A・A・2の勝ち上がりは、やや疲れも垣間見えるが、動きは決して悪くない。明日は、金子の先行を番手捲りすれば、後続を完封してV奪取決めるか。対抗は、復活傾向顕著なA深谷。年明け以降、別人のような戦績が続いているが、今節は強烈な捲り脚が炸裂している。特に昨日の優秀戦は、最終2角から飛び出し、10秒7の大ギヤ時代に戻ったような上がりタイムだった。金子を制して主導権が取れれば、番手・浅井のアシストも期待できるし、仮に中団になっても、平原よりも先に仕掛ければ、復活Vも十分だ。
決して穴にはならないだろうが、深谷のハコから飛び出すD浅井を穴軸として指名。2月の地元・四日市GV優勝後は、好績と大敗の落差が激しいものの、決して調子が悪い訳でなく、あくまでも展開負けの範囲か。今節は、初日特選で失敗も、二予は自力を繰り出し2角捲り、今日の準決も深谷のHSカマシをきっちり差し切って、いずれも快勝。明日は、今日と同様、深谷に任せての一戦。気心の知れた深谷の仕掛けに乗って、V差しを決めるか。平原マークから渾身の差しを見せるH諸橋、ワンチャンスにかけるF脇本−B中川の混成ライン、地元地区で単騎の総力戦だからこそ怖いC桐山あたりは、2〜3着受けで必ず押さえておきたい。

<本線予想> 1=2 1=9 1→5 1→7
<穴予想> 5=3 5=2 5→4 5→1


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/120802641

この記事へのトラックバック