2015年04月11日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、高知記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で内枠3車がゆっくり出て行くと、@村上義弘が誘導員を追いかけて正攻法に収まる。序盤の並びは、村上−マークのG佐々木則幸−中部2車−茨栃2車−福島2車−単騎のD和田真久留の順。500バンクとしてはレースの動きが早く、赤板HS(残り2周)からC房州輝也が上昇すると、これに和田とH牛山貴広が追走して、隊列は2列併走となる。ジャン前BKで房州がハナを切ると、牛山がさらに踏み上げ3番手位置をめぐって和田と併走になる。中団がほしい村上もインをすくって4番手内で併走すると、最後方8番手で車間を切っていたA浅井康太が、一気にカマシ先行に打って出る。すると、房州マークのF山崎芳仁が房州を見切って中部ライン3番手に切り替えるべく追いかけていく。さらに山崎後位の4番手位置は、捌き合いを制した牛山が確保する。浅井のカカリはまずまずだったが、山崎が追いついた勢いでそのまま捲り返しに出ると、直線鋭く伸びてVゴールを駆け抜ける。混戦を縫って中バンクを突っ込んだ佐々木が2着に食い込み、最内に切り込んだB神山雄一郎が3着に入りました。

<結果・払戻金>
 2車単 F→G 2950円
 3連単 F→G→B 15850円

浅井がカマシ先行に出るという予想外の展開となりましたが、冷静に立ち回った山崎が通算15回目のGV優勝を決めました。山崎は房州の先行をもう少し長く使いたかったでしょうが、浅井の勢いが勝っていると見るや、一気に切り替え含みの捲り返しに出ました。捲った勢いも良く、本人も「合っている」と評する3.92のギヤをしっかり踏みこなしていました。京王閣ダービーは優参を逃したものの、快進撃は止まるところを知りません。新田祐大がダービーを制したことで、GPでの連携が見えてきた以上、今後の山崎のミッションは北日本の盟友を数多くGPの舞台へ上げるだけでなく、番手戦をある程度モノにしていくことでしょう。この日のレースはやや違った流れにはなりましたが、番手戦の多かった今回のシリーズは多少なりとも参考になったかと思います。
2着に食い込んだ佐々木の伸びは、地元記念への執念を見せ付けてくれました。個人上がりタイムが13秒8と、500バンクとしてはなかなかのもの。直線に向いてからのスタンドの声援は、一気にボルテージが上がって聞こえました。地元のエースがチャンスをつかもうとしていた訳ですから、地元ファンにとっては車券を差し置いてでも、声援を送る場面です。3/4車身届きませんでしたが、十分地元ファンを熱くさせてくれました。準決でも深谷を差し切って1着になるなど、佐々木のさらなる復活が楽しみになったシリーズでした。

さて今週の番組は、明日の和歌山ガールズFU・最終日11R「ガールズ決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。9R「ガールズ一般」、12R「A級決勝」、さらに併売の西武園記念・最終日11R「S級決勝」の予想と合わせて、ブログへのアップは夜9時過ぎを予定しています。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116558974

この記事へのトラックバック