2015年04月04日

4/5 高知記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(5日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、高知記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●高知記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
◎   1 村上義弘(京都)
○ ▲ 2 浅井康太(三重)
☆ × 3 神山雄一郎(栃木)
    4 房州輝也(福島)
  ☆ 5 和田真久留(神奈)
    6 伊藤正樹(愛知)
× ○ 7 山崎芳仁(福島)
▲ ◎ 8 佐々木則幸(高知)
    9 牛山貴広(茨城)

並び ←C7 D @8 A6 H3
※高知競輪HPによる

27年度最初のGVファイナルは超細切れ戦。各派差はなく、展開一つで波乱にも。
ライン構成は、想定通りの4分戦+単騎1車。優秀戦と同様、G佐々木が「村上さんマーク」と話せば、@村上は「自力勝負」。D和田も「単騎で一発狙い」とコメントした。各ラインの先頭はいずれも捲り志向で、展開読みづらいが、同県のF山崎を従えているC房州が積極的に駆けて行くか。そこから捲り合戦になるだろうが、地元の佐々木を連れた@村上を本命視する。前回・京王閣ダービーでは二予で敗退し、「調子はイマイチ」という前検日コメント。しかし、初日特選では北日本勢に捲られたものの切り替えて2着。優秀戦は7着だったものの、深谷を併せ切っての先行策と、元気いっぱいだ。明日は、500としては丸バンクの当地の特性を考慮すれば、早めに仕掛けて地元・佐々木とのワンツーを決めたいところだ。対抗はA浅井。京王閣ダービーは、優参も僅差の3着に涙を飲んだが、レースぶりは絶好調そのもの。初日特選は、木暮安との捌き合いを制して2着を確保すると、今日の準決では近藤龍の主導権を活かして番手捲り気味に出て、優参を決めた。明日は自力戦になるが、まさに自分のやりやすいスタイルでの競走で、V奪取まで行くか。
穴軸は、地元記念に燃えるG佐々木を指名。ひと頃に比べると、可もなく不可もなく「ただのS1選手」という評価の佐々木。しかし今節は、初日特選で原田研の先行を受けての1着と好発進すると、優秀戦は村上義の番手を回って4着。そして今日の準決は、深谷知の番手を回って圧巻の差し切り勝ちを決めた。明日は、再度、村上の番手を回るが、村上以上の「魂の走り」を見せれば、2002年の54周年以来となる地元記念Vも見えてくるはずだ。房州の番手から伸びるF山崎、牛山の仕掛け次第でチャンス広がるB神山はアタマ押さえも必要だが、単騎の攻めがはまれば一発も十分のD和田は2〜3着受けでも好配必至だ。

<本線予想> 1=2 1=8 1→7 1→3
<穴予想> 8=7 8=2 8→3 8→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
穴予想完璧でしたね。おめでとうございます。
Posted by 氷結ピーチまん at 2015年04月05日 18:59
氷結ピーチまんさんへ

お褒めのコメント頂き、ありがとうございます。今後ともご愛読よろしくお願いいたします。
Posted by 山本D at 2015年04月06日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116177002

この記事へのトラックバック