2015年03月07日

3/8 名古屋記念GV・12R優秀競走「太閤賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(8日)和歌山競輪場で場外発売が行われる名古屋記念(GV)の2日目12R・優秀競走「太閤賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●名古屋記念GV・2日目

《第12R S級優秀「太閤賞」》

本線 穴
☆   1 稲川 翔(大阪)
× ▲ 2 金子貴志(愛知)
◎ ☆ 3 平原康多(埼玉)
    4 内藤宣彦(秋田)
  ◎ 5 大塚健一郎(大分)
    6 池田 良(広島)
○ × 7 村上義弘(京都)
▲   8 神山拓弥(栃木)
  ○ 9 菊地圭尚(北海)

並び ←@76 94 B8 A5
※「CHUBU NET」による

深谷知が勝ち上がれず、優秀戦は混戦模様となった。展開ひとつで波乱の要素も。
ライン構成こそほぼ想定通りの4分戦だが、並びコメントは意外なものとなった。まず近畿2車は今日と逆で、@稲川が「ボクが志願して前回り」。しかも3番手を「勘で決めた」E池田が回ることになった。同様に関東2車も、今日と逆の並び順。「新車なんで、試したいことがある」と話したB平原が前となった。北日本はH菊地が「位置取りを活かした自力」。単騎となったA金子には、同じく単騎のD大塚がマークで即席ラインとなった。各ラインの先頭に徹底先行型はいないものの、ライン3車の長さを活かした@稲川か、先行意欲で上回るB平原が駆けて行くか。ただ自力・追い込みにかかわらず、器用な立ち回りができるという点で力一歩リードのB平原を本命視する。前回の四日市GV決勝では、武田豊マークも、大塚健や内藤秀との競りに手こずり5着に終わった。しかし決勝までの3走をいずれも切れ味鋭い捲りで制するなど、SS班らしいスピードは相変わらずだ。今日の初日特選も、天田裕マークから菊地圭の自力捲りに切り替え追走して、G前で楽に抜け出した。明日も、先行・捲りにかかわらず、勢いよく駆ければ、神山のガードを受けてアタマ取りは十分か。対抗はF村上。前回の大垣FTは、決勝で松岡貴にインから差し交わされての2着に終わったが、最終HSから先行策には、むしろ力強さを感じた。今日の初日特選は、松岡貴との復讐戦とばかりの先行争いを繰り広げ、これを制すると3着に粘った。明日はお返しとばかりに稲川が前回り。「調子を確認」するための自力策で結果を残しただけに、明日はマーク戦で再度結果を出してもらいたい。
穴軸は金子マークから伸びるD大塚を指名。今年初戦の全日本選抜で優参を果たすと、前回四日市GVでも連続の優参。決勝では、平原康らとの大立ち回りで8着に終わったが、自信を持っているのが垣間見えた。今日の初日特選でも、捲り不発に終わった井上昌の後位から直線突っ込んでの3着だったが、コース取りなどは申し分なく、レースがよく見えているようだ。明日は金子の仕掛けに乗って、今日と同様の直線強襲になれば、意外な好配をもたらすか。一発捲りならスピード上位のA金子、中団をスンナリ確保なら奥の手のタテ脚発揮するH菊地、平原マークから差し脚伸ばすG神山は、2〜3着受けの押さえに必要だ。

<本線予想> 3=7 3=8 3→2 3→1
<穴予想> 5=9 5=2 5→7 5→3


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114769500

この記事へのトラックバック