2015年02月07日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、奈良記念(GV)の2日目12R・優秀競走「奈良はきもの杯 飛天ちゃん賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で内枠2車が飛び出すと、@稲垣裕之がSを決めて正攻法に収まる。序盤の並びは、近畿2車−北日本2車−単騎のB原田研太朗−東日本2車−単騎のH深谷知広−単騎のG松川高大の順。青板1センター(残り3周過ぎ)から、E根田空史が踏み上げてC早坂秀悟を抑えると、続く深谷・松川もこれを追走。そして青板3角(残り2周半)過ぎから根田がさらに上昇し、前団を叩いて先頭へ。叩かれた稲垣は3番手位置を求めて深谷と並走になるも、深谷が後方に車を下げ、深谷後位の松川は稲垣ラインの3番手に切り替える。深谷は大きく置かれたしんがりまで下げると、ジャン前からペースアップした根田は後方をかなり縦長の一本棒にしての先行態勢。最終2角から、稲垣・松川・原田が捲り返しを狙うも、根田番手のF天田裕輝が巧みに稲垣をけん制すると、あおりを受けた松川・原田とともに失速、後退する。結局、天田が1着になり、2着には捲り不発の稲垣後位からインをすくって切り替え伸びたD三谷将太が突っ込む。3着には、さらに内々を飛び込んだA佐藤慎太郎が強襲する。

<結果・払戻金>
 2車単 F→D 12830円
 3連単 F→D→A 88360円

自力型多数の超細切れ戦でしたが、3つのラインそれぞれの番手マーク選手が上位を占めました。しかも、天田の1着は、実質的には地区違いの根田が思い切った先行をしたことによるもの。レース後のコメントでも、天田は「あんなに行ってくれるなんて」と話していましたが、いつもお話ししている競輪の「チームプレー」が実を結んだ典型的な例だと思います。それでも、天田が見せた稲垣へのブロックはなかなかのものだったように感じました。“鉄砲玉”的な自力走法の印象が強い天田ですが、ここ半年余りの走りを見れば、確実に自在型へ変貌を遂げているのが分かります。奈良が、ホームバンクの前橋と同様33バンクというのもあるでしょうが、抜群の動きを見せていました。今後の更なる飛躍に期待したいですね。
稲垣の捲り不発は、仕掛けた結果によるものですが、もう少しタイミングを先か後かにズラしても良かったかと思います。本来、直前を走る天田にとって、真後ろから来た選手に対しては無防備になるところですが、完全に動きを見られていたような感じでした。番手追走の三谷が内を突っ込んで2着には入りましたが、通常ならライン2車とも討ち死にになるところ。人気を背負っていた以上、ある程度、勝ちにこだわった仕掛けが必要だったかもしれません。
それよりも増して不可解だったのが、深谷が勝負どころを前に最後方まで後退したことです。このレースのような超細切れ戦なら、前々踏み上げて一車でも良い位置を確保するのがセオリーかと思います。ところが3番手位置を稲垣にあっさり奪われた直後に、中団を探る動きもなくズルズルと最後尾まで下がって行ったのは理解できません。「車体故障でもしたのか?」と思わせる下がり様でしたし、根田がカカり切ってしまうと完全に諦めムードのようにも見えました。着に関係のない優秀戦とはいえ、これは頂けません。前日の走りを見たファンから、ある程度人気を背負っていただけに、せめて原田や早坂の前に割り込んで行こうという姿勢は見せて欲しかったと思います。

さて今週の番組は、明日の高松FT「西日本カップ」最終日・S級決勝の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113004852

この記事へのトラックバック