2015年01月24日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、大宮記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@平原康多・B中村浩士・E荒木伸哉・F深谷知広が前に出ると、荒木がSを決めて、前に千葉3車を迎え入れる。序盤の並びは、南関4車−平原−同期でマークのA岩津裕介−単騎のH渡部哲男−中部2車の順。赤板1センター(残り2周過ぎ)を迎え、F深谷知広が踏み上げて行くも、正攻法のG鈴木裕が突っ張って、深谷を出させない。やむなく深谷は元の8番手に戻り、ジャンを一列棒状で迎える。鈴木は最終HSからさらにペースを上げて最終主導権を握し、平原・深谷はそれぞれやや車間を切って、捲り返しのタイミングを計る。平原は最終2角から踏み込むと、3角で鈴木を捉えて先頭へ。鈴木番手のD小埜正義は併せきれず、平原番手の岩津に飛びつく形で直線へ。結局、後続の混戦を尻目に平原が押し切って、地元・大宮GV5度目のVゴールを駆け抜ける。2着には岩津後位から直線伸びた渡部が入り、捲り追い込んだ深谷がタイヤ差届かず3着となる。

<結果・払戻金>
 2車単 @→H 2430円
 3連単 @→H→F 14080円

南関ライン4車の結束を、平原が地元の意地で打ち破って完全Vを果たしました。レース後のコメントで平原は「勝っても負けても思い切って行こうと思っていた」と振り返っていましたが、道中は冷静な立ち回りだったように見えました。ジャン前に深谷が前団にモーションをかけたことで中団位置が確保できましたし、最終1センターの勝負所では深谷を目でけん制しつつ捲り発進。ラストもしっかり踏み切っていました。軽ギヤについても「自分はこれくらいの方が合っているので、次回までに体にしっかりとなじませたい」と、かなりの好感触をつかんだようです。その次回はGT・全日本選抜競輪。今回のVで、GP一番乗りを果たしてくれそうに思いました。
2着の渡部も、軽ギヤになっての好感触そのままのレース運びでした。「南関が前受けでゴチャつくなら」と、平原ラインから追走の判断でしたが、これが功を奏しました。2センターで外に持ち出しての伸びは、これまでとは違っていたようにも見えましたし、タテ脚兼備の追い込み型の渡部にとっては、これからチャンスが増してくることでしょう。準決の中割り突っ込みに、そのチャンスアップを垣間見たような気がします。
3着の深谷は、ジャン前の南関勢追い出しをしてから、後方に下がってしまったのがもったいなかったでしょうか。中団に追い上げて平原にフタをするという策もあったでしょうが、その時は平原の捌きが飛んでくることも予想されますから、一旦下げるのは致し方なかったかもしれません。しかし下げきってからは平原の動きを待ったようにも見えました。また「鈴木が流すようならカマシも考えていた」とレース後コメントしていましたが、むしろ南関勢の動きいかんにかかわらず、積極的に動いてほしかったように思います。ただ病み上がりのシリーズで、軽ギヤへの感触も徐々につかんできたようにも見えました。「練習することで、(復調へ)近づく」との認識ですから、次の奈良GV、そして全日本選抜に向けて、十二分に対策を練ってきてほしいですね。

さて今週の番組は、明日のいわき平記念・最終日「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112283243

この記事へのトラックバック