2015年01月10日

1/11 「和歌山グランプリ」(GV)2日目12R・優秀競走「熊野古道賞」 予想

今日は「和歌山グランプリ」ブログ予想4連戦の第2弾として、あす(11日)2日目の12R・優秀競走「熊野古道賞」のヘボヘボ予想をお送りします。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●和歌山グランプリGV・2日目

《第12R S級優秀「熊野古道賞」》

○ ◎ 1 稲垣裕之(京都)
◎   2 新田祐大(福島)
☆ ○ 3 合志正臣(熊本)
    4 内藤秀久(神奈)
▲   5 神山雄一郎(栃木)
    6 真崎新太郎(栃木)
  ☆ 7 東口善朋(和歌)
  × 8 芦澤大輔(茨城)
× ▲ 9 村上博幸(京都)

並び ←@(9・8)7 3 A(5・4)6  ※( )内は競り
※山本ディレクターの現地取材と和歌山競輪HPによる

大本命の一方で、大波乱もあった初日特選。優秀戦はWの競りで、波乱の匂いも。
並びコメントは驚きの結果に。近畿は京都の後ろへF東口が回ることになったが、G芦澤が「稲垣さんへジカ付け」と競りを宣言。一方、A新田の番手も競りで、D神山とC内藤がマッチアップ。そして単騎のB合志は「流れ見て、立ち回る」とコメントした。展開は複雑になりそうだが、稲垣が先手取りに出た所を、競りに乗じて新田が捲り返すと見て、有利に動ける新田を本命視する。今日の初日特選は、ジャンから吉本卓を叩いて先行。稲毛健の巻き返しを力でねじ伏せ、さらに番手マークの神山雄を寄せ付けない見事な逃げ切りだった。明日は番手が競りという、やりにくいレースになりそうだが、高回転の先行・捲り発揮なら、今日の再現も十分だ。
対抗・穴軸は@稲垣。こちらも今日の初日特選は、後方のもつれと自らのけん制が功を奏して、堂々の逃げ切り勝ちを収めた。明日も番手が競りで大いにもつれそうだし、多少のリスクを覚悟で先行したとしても、後続を尻目に押し切りも狙えるか。
それぞれのライン番手マークのD神山・H村上は、競りをしのげればライン決着も見込めそうだし、単騎で立ち回るB合志も、脚を貯めての捲り追い込みや追い上げマーク策の一発で、今日に続いての好配演出も。競りに対する気合いなら負けないG芦澤も要注意だ。

<本線予想> 2=1 2=5 2→9 2→3
<穴予想> 1=3 1=9 1→8 1→7


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110823350

この記事へのトラックバック