2014年12月28日

12/29 岸和田GPシリーズ・2日目 8〜10R「寺内大吉記念杯(FT)・S級準決勝」&11R「ヤンググランプリ2014」 予想


2014年競輪界の集大成!

      岸和田グランプリシリーズ応援拡大号



今夜はブログ臨時号として、あす(29日)和歌山競輪場で場外発売が行われる岸和田グランプリシリーズ・2日目8〜10R「寺内大吉記念杯(FT)・S級準決勝」と、11R「ヤンググランプリ2014」の欲張り4箇レースヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

※今日は“欲張り”4箇レース予想のため、詳細コメントは縮小させていただきます。悪しからずご了承下さい。

●岸和田グランプリシリーズ・2日目

《第8R FT「寺内大吉記念杯」S級準決勝》

本線 穴
◎   1 芦澤大輔(茨城)
▲ ○ 2 櫻井正孝(宮城)
× ◎ 3 原田研太朗(徳島)
  × 4 前反祐一郎(広島)
☆ ▲ 5 岩本和也(石川)
    6 箱田優樹(青森)
○ ☆ 7 稲村成浩(群馬)
    8 伊藤裕貴(三重)
    9 白戸淳太郎(神奈)

並び ←EA9 G5 B4 @7
※山本ディレクターの現地取材による

若手自力型の激突を見ながら脚を貯められる@芦澤に、展開利あると見て本命に推す。初日特選は位置の取り合いで後方に沈んだが、明日は箱田と伊藤の叩き合いを捲ってみせるか。マークF稲村も近歴好調で対抗視。巧追走なら逆転まで考えたい。穴軸はB原田。初日特選は9着大敗も、最終HSから一気にカマシて行った積極性を買いたい。中団確保なら芦澤より先に捲り返しだ。箱田の先制から番手捲り含みのA櫻井、同様に伊藤の主導権で浮上するD岩本、原田マークから伸びるC前反あたりは2〜3着でも押さえておきたい。

<本線予想> 1=7 1=2 1→3 1→5
<穴予想> 3=2 3=5 3→4 3→7


《第9R FT「寺内大吉記念杯」S級準決勝》

本線 穴
× ◎ 1 山田義彦(埼玉)
◎   2 小松崎大地(福島)
    3 佐藤朋也(秋田)
  ☆ 4 山口貴嗣(福岡)
▲ ▲ 5 佐藤慎太郎(福島)
    6 村田雅一(兵庫)
☆   7 宗景祐樹(栃木)
  × 8 坂本健太郎(福岡)
○ ○ 9 飯嶋則之(栃木)

並び ←A53 6 @97 G4
※山本ディレクターの現地取材による

ラインはほぼ想定通りだったが、近畿単騎となるE村田は「先手ラインのハコ or 切れ目」のコメント。「先行基本」のA小松崎が押し切ると見て本命に。初日特選では中団取りに脚を使ったが、明日はスンナリ駆けられれば、番手回る佐藤のガードで優参決めるか。対抗はH飯嶋。今日は山田追走も微差届かなかったが、明日はタイミングを計って差し切り決めよう。穴にならない穴軸は@山田。先行・捲りいずれでも対応可能で、持ち前のスピードで押し切り見せるか。小松崎番手のD佐藤はアタマ流しも要るし、G坂本−C山口の九州勢の一発、関東3番手F宗景の突っ込みにも食指が伸びる。

<本線予想> 2=9 2=5 2→1 2→7
<穴予想> 1=9 1=5 1→8 1→4


《第10R FT「寺内大吉記念杯」S級準決勝》

本線 穴
○ ○ 1 稲垣裕之(京都)
☆ ◎ 2 安部貴之(宮城)
  ☆ 3 筒井敦史(岡山)
×   4 北川紋部(福井)
◎ × 5 南 修二(大阪)
    6 阿部秀樹(青森)
    7 杉本正隆(茨城)
    8 才迫 開(広島)
▲ ▲ 9 伊藤大志(青森)

並び ←@54 7 A96 G3
※山本ディレクターの現地取材による

近畿勢に取り組みやすい番組になったか。稲垣・南どちらにするか迷ったが、今日の再現を信じてD南に◎印を付ける。今日は稲垣の仕掛けをしっかり追走し、残し気味の差し切りを決めた南。明日は稲垣が思い切った先行策なら、連勝のチャンス到来だ。対抗にした@稲垣の押し切りも五分五分。穴軸にはA安部を思い切って指名。才迫と稲垣が主導権争いでもつれるようなら、切れ味鋭い一発捲りで前団を飲み込み好配提供だ。安部後位から突っ込むH伊藤、才迫の仕掛けで浮上のB筒井、近畿3番手を固めるC北川も決して侮れない。

<本線予想> 5=1 5=9 5→4 5→2
<穴予想> 2=1 2=9 2→5 2→3


《第11R ヤンググランプリ2014》

本線 穴
◎   1 三谷竜生(奈良)
  ☆ 2 小原唯志(茨城)
    3 小岩哲也(大分)
  ▲ 4 土屋壮登(埼玉)
  × 5 金子幸央(栃木)
▲   6 栗山俊介(奈良)
☆ ○ 7 近藤龍徳(愛知)
× ◎ 8 坂本将太郎(栃木)
○   9 野原雅也(福井)

並び ←H@E DG 7 A C B
※共同インタビューと山本ディレクターの現地取材による

若手選手らしく自力型が目白押し。だがF近藤のようにすでに追込みへのシフトを宣言している選手もいて、なかなかの難解戦だ。しかし、ラインの長い近畿の番手を回る@三谷を本命視。強気の攻めを身上とするだけに、仮に対敵から飛び付きを受けても、克服するか。近畿の先導役を務めるH野原の残り目、3番手のE栗山の突き抜けも押さえる必要がありそうだ。穴軸はG坂本を指名。金子の積極策が成功すれば近畿勢完全粉砕もあるか。追い込み型へ変貌途上のF近藤の総力戦、単騎の中ではC土屋・A小原の立ち回りにも注意しておきたい。

<本線予想> 1=9 1=6 1→8 1→7
<穴予想> 8=7 8=4 8→5 8→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108858042

この記事へのトラックバック