2014年12月27日

12/28 岸和田GPシリーズ・初日 10R「寺内大吉記念杯(FT)・S級初日特選」&11R「ガールズグランプリ2014」 予想


2014年競輪界の集大成!

      岸和田グランプリシリーズ応援拡大号



今週のブログ予想は、あす(28日)和歌山競輪場で場外発売が行われる岸和田グランプリシリーズの初日10R「寺内大吉記念杯(FT)・S級初日特選」と、11R「ガールズグランプリ2014」のWヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●岸和田グランプリシリーズ・初日

《第10R FT「寺内大吉記念杯」S級初日特選》

本線 穴
  ○ 1 宗景祐樹(栃木)
○   2 南 修二(大阪)
▲ ☆ 3 小松崎大地(福島)
    4 稲村成浩(群馬)
☆ ◎ 5 原田研太朗(徳島)
    6 芦澤大輔(茨城)
◎   7 稲垣裕之(京都)
  × 8 筒井敦史(岡山)
× ▲ 9 佐藤慎太郎(福島)

並び ←B9 F2 E14 D8
※スポーツニッポン・亀田克也記者の現地取材による

前座FTとしては豪華なメンバーが揃った。各ライン実力拮抗で差はない。混戦か。
並びは、想定通りの4分戦。関東3車の並びも、E芦澤が「前回り」で、C稲村が「茨栃の後ろ」とコメントした。展開は、「先行基本」と話すB小松崎が飛ばして行きそうだが、ホームバンクのA南を連れたF稲垣が、早めの捲り返しで近畿勢を後押しするか。競輪祭でVを逃してGP出場は叶わなかったが、直後の松戸GVを@G1@で見事な優勝。ただ、前回佐世保GVは準決で失敗し、その後も「軽い肉離れが出た」と話すなど、調子面で若干心配なところはある。それでも岸和田のファンの前で結果残して、GPの村上兄弟を後押しするか。対抗は、番手マークのA南。地元岸和田GV以降、好調は維持できているようで、松戸GV・いわき平FTがともに準V。松戸では実質近畿ライン4番手からのイン強襲。いわき平では脇本雄の最終1センター捲りを巧追走した。2着が多いのは本人も理解しているようだが「決して調子は悪くない」と、強気の姿勢。明日は稲垣の仕掛けに乗って、1ヶ月前の再現となるか。
穴軸にはD原田を指名。先行や早い仕掛けこそ少なくなっているが、ハラを括って仕掛けたときのスピードは一級品。前回の取手FTでは、初日特選が早めの捲り返しで2着、準決では先行逃げ切りで1着。しかも、番手マークの小倉竜を寄せ付けない見事な走りを披露した。明日も、小松崎と稲垣で先争いするような流れになれば、芦澤より先に捲り上げて高配を演出するか。B小松崎−H佐藤の福島両者の残り目や、芦澤の仕掛けに乗る@宗景の突っ込み、混戦を衝くG筒井の強襲などにも注意を払っておきたい。

<本線予想> 7=2 7=3 7→9 7→5
<穴予想> 5=1 5=9 5→8 5→3


《第11R ガールズグランプリ2014》

本線 穴
◎   1 小林優香(福岡)
  × 2 中村由香里(東京)
×   3 加瀬加奈子(新潟)
○ ○ 4 石井寛子(東京)
☆ ☆ 5 中川諒子(新潟)
▲ ◎ 6 梶田 舞(栃木)
  ▲ 7 山原さくら(高知)

最終BK想定 ←B 2 @ 6 4 F D (注)○=自力含み

新世代ヒロインが女王へまっしぐら。ただ歴戦の女傑たちも黙ってなく、激戦必至だ。
展開は「先行こそが男道」を標榜するB加瀬が、打鐘過ぎから引っ張って行くだろうが、最終2角以降は位置取り合戦・捲り合戦になろう。しかし@小林が展開不問で他車をまとめてなぎ倒すと見て、小林に本命の◎印を打つ。5月に当地でデビュー以来、45戦44勝・2着1回という驚異的な成績を挙げたが、その走りには、他の選手をまるで子ども扱いする速さ・強さ・(レース運びの)巧さの全てが兼ね備えられている。バレーボール出身でまだ底を見せていない「進化途上」だが、“女王”の走りを全国のファンに見せつけるか。対抗はC石井。エキジビション時代の「ガールズケイリン」から、女子輪界を引っ張り続けてきた石井。プロ転向後、順調に勝ち星を積み重ねるも、近歴は決勝で小林や奥井迪といったパワー先行型の後塵を拝し続けている。明日は立ち回り勝負から、ワンチャンスを活かして得意の追い込みに持って行き、前橋ガールズCの雪辱を晴らしたい。
穴軸は、唯一小林に土を付けたE梶田を指名。9月の西武園ガールズで、HS先行する小林をG寸前1/8輪交わしてVをもぎ取った。10月の和歌山でも同様の展開で加瀬を交わして優勝。デビュー当初は徹底先行だったが、近歴は捲りを主体に、追い込みも展開次第ではそつなくこなしている。混戦状態を上手く立ち回ることができれば、直線長めの岸和田だけに、逆転強襲も考えられる。脚を貯めての捲り追い込みならF山原・D中川にも分があるし、思い切った先行で逃げ残りもあるB加瀬や、落欠後の不安は隠せないものの地元出身のA中村も、決して無視はできない。

<本線予想> 1=4 1=6 1→3 1→5
<穴予想> 6=4 6=7 6→2 6→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
やって来ましたか❗S級は稲垣で行きますが、ちょいきついかも?小松崎も強いからなぁ?長渕剛の顔見に行きます‼ガールズは、梶田でいいでしょう!小林を勝たさないようにお姉さん方が囲い混みするんじゃないか?今、仕事帰りの電車です。飲み会もなく帰宅出来るギリギリまで仕事してました。残ったのは来年や!いつ岸和田参戦ですか?私は、エブリデイ!
Posted by 岸和田オヤジ at 2014年12月27日 23:57
岸和田オヤジさんへ

早速のコメントありがとうございます。それと深夜までの仕事、お疲れ様でした。
明日からは、頂点を目指す選手たちの熱い戦いを目一杯楽しみましょう。私も毎日現場に繰り出して、取材に、ガイダンスのお手伝いに、ブログのネタ集めに頑張りますよ!
Posted by 山本D at 2014年12月28日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108681591

この記事へのトラックバック