2014年12月13日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、松戸記念(GV)の2日目12R・優秀競走「戸定邸賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@金子貴志とE原田研太朗が飛び出し、原田がSを決めて正攻法へ収まる。序盤の並びは、単騎の原田−同じく単騎でマークの金子−近畿4車−千葉3車の順。33バンクらしくレースの動きは早く、青板HS(残り3周)からG小埜正義が踏み上げ、H稲垣裕之にフタをする。抑えられるのを嫌った稲垣は車を下げ、小埜は中団3番手に入れ替わる。そして青板3角(残り2周半)から、小埜が再度踏み上げて主導権取りに出ると、追走した稲垣は中団4番手を巡って原田と並走。先行する小埜に稲垣が襲いかかるも、残り1周で小埜マークのA石井秀治が、稲垣にけん制を入れつつ番手捲りで対応。稲垣は外にふくらんで失速・後退し、稲垣マークのB川村晃司も車間が空いてしまって、巻き返しに苦しむ。結局、石井が後続を寄せ付けず1着になり、石井マークのD海老根恵太が2着に続く。そして、原田後位からインをすくって伸びた金子が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 A→D 610円
 3連単 A→D→@ 2180円

地元ラインの結束力が近畿ライン4車のそれを上回りました。青板から小埜が、近畿ライン先頭の稲垣を出させないように仕掛け続けましたが、引き出し役としては十分な内容です。しかも番手・3番手を回った石井や海老根も巧みでした。自在な立ち回りが武器の石井ですが、稲垣が単独で巻き返しに出たところを、番手捲り&厳しいけん制で不発にして、持ち味を十二分に生かしたレースだったと思います。満点を付けられる内容ではないでしょうか。
一方、京都勢は見せ場なく終わってしまいました。稲垣は中団争いで原田とつぶし合いになって、意地の捲り返しも不発。川村はそのつば競り合いを見てしまい、クチ(車間)が空いて巻き返しのチャンスすらありませんでした。大阪勢も加担してライン4車だったにもかかわらず、地元ラインに上位独占を許してしまいました。車券もB⇔Hから売れていたことも考えれば、もう少しその辺りを意識して走ってもらいたかったですね。今後へのいい勉強になったかと思います。

さて今週の番組は、明日の本場FU・最終日10R「A級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、広島記念2日目・12R優秀競走「もみじ賞」のヘボヘボ予想と合わせて、当ブログへのアップは夜9時頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106215579

この記事へのトラックバック