2014年12月06日

12/7 松戸記念GV・12R優秀競走「戸定邸賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(7日)和歌山競輪場で場外発売が行われる松戸記念(GV)の2日目12R・優秀競走「戸定邸賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●松戸記念GV・2日目

《第12R S級優秀「戸定邸賞」》

本線 穴
  ◎ 1 金子貴志(愛知)
▲ ○ 2 石井秀治(千葉)
◎   3 川村晃司(京都)
×   4 稲川 翔(大阪)
  ☆ 5 海老根恵太(千葉)
  × 6 原田研太朗(徳島)
    7 南 修二(大阪)
☆   8 小埜正義(千葉)
○ ▲ 9 稲垣裕之(京都)

並び ←BH47 GA5 E@
※「Keirin.jp Stream」明日の予想による

近畿4車が結束も、地元勢が立ちはだかる。単騎2車も連携して、チャンスうかがう。
並びコメントは、近畿は京都2車が前で、C稲川が「京都の後ろ」と話して4車結束。地元千葉3車も、G小埜が「先行基本」で前回り。A石井も「小埜君へ」と番手マークを宣言した。そして単騎同士の2車は、@金子が「原田君へ」と話し、連携することになった。展開は、地元戦の意地もある千葉3車が飛ばして行くだろうが、ラインの長さを行かした近畿4車が有利と見る。あとは前回りの川村か、番手の稲垣かの2者択一だが、近歴の好調ぶりが光るB川村を本命視する。前回の岸和田GVは追加あっせんながらも連日好走し、決勝3着と健闘した。最終BKを奪ってからの粘りはさすがのもの。中2日となった今節も追加あっせんだが、今日の初日特選で原田研を捲り去るなど、好調キープの様子。京王閣ダービー特選シードのボーダーライン上だけに、優秀戦といえども落とすことは許されまい。ここは後続のアシストで連勝決めるか。対抗は番手回りのH稲垣。前回・競輪祭は優参も、自分の展開に持ち込めず6着に敗れた。一予からの勝ち上がりは、力の差を見せつけていただけに、今日の初日特選も余裕の2周先行で逃げ切った。明日は川村のガード役に徹することになるだろうが、他派からの逆襲など、イザとなれば番手発進も辞さないか。
穴軸は@金子を指名。前回・競輪祭は決勝7着も、見せ場なく終わり、GPチャンピオンユニフォームも、今回と次走の佐世保GV限りとなった。競輪祭の後は「若手選手とモガいていた」と話すなど、調整は怠りないようだ。明日はE原田マークを選択したが、後手を踏むようなら自ら仕掛けていくこともあろうか。千葉ライン番手回りのA石井、ライン3番手も侮れないC稲川・D海老根は当然だが、ライン先頭で残り目のあるG小埜・E原田あたりも2〜3着受けに押さえておきたい。

<本線予想> 3=9 3=2 3→4 3→8
<穴予想> 1=2 1=9 1→6 1→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106199352

この記事へのトラックバック