2014年12月06日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、岸和田記念(GV)の2日目12R・優秀競走「eスマート賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲でA野田源一とB木暮安由が飛び出し、枠順を活かした野田がSを決める。序盤の並びは、単騎の野田−同じく単騎の木暮−同じく単騎のF後閑信一−近畿4車−宮城2車の順。青板BK(残り2周半)を迎え、早くもE早坂秀悟が踏み上げ、D川村晃司を抑えようとする。川村が車を下げたのを見て、早坂がそのまま前へ踏み込んで行くも、川村が叩き返しに出て、誘導を下ろした上で先頭に躍り出る。この動きに後閑と木暮が切り替え追走し、さらにインをすくって野田も付いて行く。川村がジャン前BKからペースアップを図ろうとすると、最後方に下げさせられた早坂が再度踏み上げ、先行勝負を挑む。早坂は勢い良く最終HSで川村を叩いて先頭に立つも、川村を見切った@村上義弘が捲り上げ、最終3角手前で川村を捉える。結局、このまま村上義が押し切って1着となり、その後位を回ったH村上博幸が2着、さらにライン4番手を回ったC南修二が3着に突っ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 @→H 210円
 3連単 @→H→C 500円

近畿ライン4車が強さと結束力を見せつけたレースでした。川村が赤板HSから一気に叩いて行けば、番手を回った村上義も早坂の叩き返しを冷静に捲って行きました。地元地区のGVであるとともに、GPのリハーサル的な意味合いでも、村上兄弟への期待は高かった訳ですが、その声援にこれ以上ない結果でした。しかも早坂が迫ってきた最終HSで、ライン3〜4番手の村上博と南がけん制をするなど、まさにラインのチームプレーを披露しました。岸和田GPでは兄弟ラインに2車になるのが予想されますが、決勝での3番手差しで優勝を決めたことも含めて、これで気分良くGPに乗り込んで行けることでしょう。
果敢な巻き返しを見せた早坂には拍手を送りたいです。ライン2車で着順に関係のない優秀戦なら、タイミングを計って一発捲りに構えそうなところですが、敢えて先行争いを挑んで行きました。結果は、単騎勢の援護もなく村上義の捲りを喰らいましたが、攻める姿勢は大いに評価したいですね。
その一方で、単騎勢の実質「策なし」は、いただけません。例えば、関東2車が宮城ラインに加担して実質の2分戦にすれば、川村の駆け方も少しは変わっていたかもしれません。結果もそうでしたが“流れ込みでの中間着で良し”のような考えだったのでは、という印象がぬぐえない走りに映りました。

さて今週の番組は、明日の松戸記念2日目・優秀競走「戸定邸賞」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106105244

この記事へのトラックバック