2014年11月15日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、別府FT「S級シリーズ・ジャパンカップ」の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲直後けん制が入るも、B牛山貴広が誘導員を追いかけ、G小原唯志を正攻法に迎え入れる。序盤の並びは、茨城2車−南関3車−九州3車−単騎のH野原雅也の順。赤板HS(残り2周)を迎え、E楠木孝志郎が踏み上げると、早くも前団を叩いて、さらに誘導員を交わして先頭へ躍り出る。これに野原も乗っかり、叩かれた小原は5番手まで下げる。そしてジャン前BKから楠木が目イチの先行に入ると、後続は一列棒状。しかし野原が最終HSから捲り上げて行くと、楠木番手のD菅原晃が切り替え追走する。野原の捲りに乗って行こうとした小原は追走できず失速して圏外へ。小原マークの牛山はシビアに菅原後位の@大塚健一郎マークに切り替える。C根田空史が最終BKから捲り上げるも、前団もカカっていて差が詰まらない。菅原は最終2センターから早目の差しに構えると、大塚が後位から交わしてVゴールを駆け抜ける。2着には菅原が入り、3着は牛山が確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 @→D 320円
 3連単 @→D→B 1410円

九州勢が巧みな連係を見せ、地元2車がワンツーをきめました。本来なら菅原が最終HSから番手捲りになりそうなところを、野原の単騎捲りに乗っかる形となったことが、かえって攻めやすくなったでしょうか。菅原が野原を追いかけて、捉えてしまえば、あとは大塚のモノ。GP出場権がかかる大塚にとっては、このV賞金95万円は貴重な“追加点”となります。2着の菅原ともども、次走の競輪祭に向けていい弾みになったことでしょう。
最終HSから捲り返した野原ですが、結果的には前述の通り、九州勢の引き出し役になってしまいました。小原や根田の巻き返しでイン詰まりになるのを恐れたのでしょうか、強引に出て行く形になりました。このレースでは、単騎である以上、ギリギリまで攻め上がるのを我慢して小原や根田の捲りに併せて出るか、最終3角あたりからの捲り追い込みでも良かったかと思います。若手自力型ゆえの作戦ミスに感じましたが、これも経験です。今後のレースに活かしてもらいたいと思います。

さて今週の番組は、明日の高松記念・最終日11R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。なお、当ブログへのアップは、夜8時半頃を予定しています。
また番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105428948

この記事へのトラックバック