2014年10月25日

10/26 防府記念GV・12R優秀競走「天神杯」 予想

今週のブログ予想は、あす(26日)和歌山競輪場で場外発売が行われる防府記念(GV)の2日目12R・優秀競走「天神杯」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●防府記念GV・2日目

《第12R S級優秀「天神杯」》

本線 穴
  ◎ 1 金子貴志(愛知)
○ × 2 村上義弘(京都)
◎ ☆ 3 中川誠一郎(熊本)
    4 萩原孝之(静岡)
× ○ 5 浅井康太(三重)
    6 山口泰生(岐阜)
▲   7 脇本雄太(福井)
☆   8 桑原大志(山口)
  ▲ 9 池田勇人(埼玉)

並び ←F2B8 H4 D@6
※「Keirin.jp Steram」明日の予想による

82万円台ほか、6ケタ配当が3本出た今日の防府。優秀戦は実力拮抗で混戦か?
4分戦かと思われたラインは、A中川が「近畿3番手」を選択したことで変則3分戦となった。G桑原は「中川へ」とコメントし、近畿・西日本で4車ラインとなった。中部はいつも通りD浅井が前で、@金子が番手回り。東日本2車もC萩原が「池田マーク」を選択し、2車ラインとなった。展開は、H池田がいるものの、ラインの長さを活かしたF脇本が飛ばして行くのが濃厚か。スンナリの流れなら番手からA村上の差し交わしで良さそうだが、ライン3番手からシャープに伸びそうなB中川を本命視する。前回の地元・熊本GVでは、準決で失敗したものの2勝を挙げ、ファンの信頼に応えた。今日の初日特選では、村上義の番手捲りにもかかわらず、最終HSから先に捲って村上を寄せ付けなかった。近畿ライン3番手からの攻めなら、むしろ日本代表のスピードが活きてくるはずで、アタマ取りを期待したい。対抗は、そのA村上。前回・前々回となる岐阜・大垣の連続GVでいずれも優参。そして前回・宇都宮の決勝では、FTながらも武田豊・神山雄が相手という厳しいメンバー。しかし最終2角から番手捲りで押し切ってVをもぎ取った。明日は、脇本というこれ以上ない援軍に前を任せている以上、展開が向けばアタマ取りだけでなく、脇本とのワンツーを決めたいところだ。
穴軸とするには失礼かもしれないが、@金子を穴軸に推したい。前橋ASで優参するなど、決して調子そのものは悪くなさそうだが、前回・前々回の青森・熊本GVは、いずれも優参を逃した。しかも初日特選で4着と惜敗し、二予で1着、そして準決で敗退と、勝ち上がりの流れも一緒だった。今日の初日特選は、脇本雄の2周先行をハコ回りで追走したものの、ゴールでは捕まえきれなかった。明日は浅井マークだが、浅井の仕掛けるタイミング次第で、アタマ取りのチャンスが膨らんでくる。チャンピオンユニフォーム死守のためにも、競輪祭までは一戦必勝だけに、優秀戦でも大敗は許されない。D浅井の自在戦、F脇本の逃げ残り、H池田の奇襲策など、アタマ押さえも必要になる選手が目白押しの優秀戦だ。

<本線予想> 3=2 3=7 3→5 3→8
<穴予想> 1=5 1=9 1→2 1→3


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104904447

この記事へのトラックバック