2014年10月25日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、千葉記念(GV)の2日目12R・優秀競走「千葉マリーンカップ」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲直後は若干のけん制状態となるも、E鈴木誠が誘導を追いかけ、C海老根恵太を迎え入れる。誘導員以降の並びは、千葉2車−単騎のF菊地圭尚−マークの@成清貴之−東京2車−瀬戸内2車−単騎のH神山拓弥の順。500バンクらしく、レースが動いたのが赤板HS(残り2周)過ぎの1センター。B原田研太朗がゆっくりと上昇を見せると、これに併せようとA後閑信一も上がって行く。そしてジャンから原田が駆けて行くと、後閑は3番手を追走していた神山を捌きにかかり、神山は最後方まで下げさせられる。最終HSを迎え、原田は徐々にペースアップ。一方で中団確保を狙った後閑は、3番手インで粘ったC海老根恵太との捌き合いを強いられるも、何とか3番手位置を確保する。この捌き合いで後閑との連結を外したD岡田征陽が、最終1センター過ぎから単独で捲り上げるも、これを併せるかのように海老根が最終BK4番手から捲り返しに出る。しかし最終3角で各車の脚色が一杯になり混戦になったところを、脚を貯めていた菊地が、マークの成清、さらに3番手に切り替えていた神山を連れて一気に捲ると、最終4角で前団を捉える。結局、菊地が1着になり、成清が2着、神山が3着にそれぞれ続く。

<結果・払戻金>
 2車単 F→@ 1150円
 3連単 F→@→H 3330円

菊地がすばらしいスピードで、前団をまとめて面倒見たレースでした。最終1センターから岡田が先捲り、併せて海老根も捲って出るという流れが、菊地にとっては、捲り上げる目標を作ってくれたような感じだったでしょうか。番手戦・捌きもこなす菊地ですが、タテ脚を活かした奥の手の「一発捲り」には定評があります。このレースは、その威力が十二分に発揮されました。GT制覇まで手が届くところまで来た感はありますが、あとは自らが課題に挙げている「位置取りの甘さ」を克服できるかといったところ。このレースが最後の最後まで脚を貯めていたゆえの結果だけに、今後のレース運びを注目したいと思います。
位置取りでいえば、後閑の立ち回りはいただけません。中団取りをもくろんで神山を捌いたところまでは良かったんですが、海老根との捌き合いは想定外だったのでしょうか。そして、その海老根を捌いて3番手を確保したものの、その後は前に出られずイン詰まり。脚を余らせての6着なら、むしろ原田との叩き合いでも良かったかもしれません。人気割れしている中で、人気の一角を背負ったことで、それなりのレースが求められてはいたでしょう。が、親王牌で落車してからの回復途上なら、着順に関係のない優秀戦だけに、敢えて大敗覚悟で真っ向勝負してもらいたかったようにも思います。

さて今週は、先週に引き続き「わかちゃんファンCLUB会報連動企画」として、7月にデビューした地元和歌山のルーキー105期生・石塚輪太郎選手のインタビュー・後篇をお送りします。なお明日の防府記念・12R優秀競走「天神杯」の見どころ&ヘボヘボ予想の、当ブログへのアップは夜8時半頃の予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104752607

この記事へのトラックバック