2014年10月18日

10/19 千葉記念GV・12R優秀競走「千葉マリーンカップ」 予想

今週のブログ予想は、あす(19日)和歌山競輪場で場外発売が行われる千葉記念(GV)の2日目12R・優秀競走「千葉マリーンカップ」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●千葉記念GV・2日目

《第12R S級優秀「千葉マリーンカップ」》

本線 穴
  × 1 成清貴之(千葉)
◎   2 後閑信一(東京)
    3 原田研太朗(徳島)
  ▲ 4 海老根恵太(千葉)
▲ ☆ 5 岡田征陽(東京)
    6 鈴木 誠(千葉)
○ ○ 7 菊地圭尚(北海)
☆   8 三宅達也(岡山)
× ◎ 9 神山拓弥(栃木)

並び ←B8 F1 H A5 46
※「Keirin.jp Steram」明日の予想による

2週連続500バンクでのGV。千葉は熊本と違い丸バンク。短い直線がどう影響?
ラインは4分戦+単騎1車の構図。大量3車ずつ進出の地元千葉勢と関東勢が、それぞれともに別線の模様。@成清が「今日と同様F菊地をマーク」と話してC海老根−E鈴木とは別々になると、一方の関東勢もH神山が「単騎で自力自在に」とコメントして、東京2車とは分かれて戦うことに。展開は、実質逃げイチになったB原田の先制が濃厚で、最終3角あたりからの捲り合戦になるのが自然か。自在戦に長けた選手が目白押しのメンバー構成だが、今節唯一のSS班となるA後閑の底力に期待して、本命の◎印を付ける。弥彦親王牌・準決での落滑入で、右鎖骨・肋骨骨折に加え、肺に骨が刺さり肺気胸になる大ケガを負った。今節は復帰3場所目だが、昨日の前検日は「心肺機能が戻りきらない」と弱気なコメント。しかし今日の初日特選では、原田研の捲りを冷静に追って2着を確保した。明日も先行する必要はなく、中団の位置取りで脚を使わなければ、後ろを回るD岡田とのワンツーも十分だ。対抗は、オールマイティーな攻めが魅力のF菊地。宇都宮・高松宮記念杯で優参し、完全に一皮むけた感が菊地だが、その後はFTも含め優参はするものの、Vをつかみ取る所までは至っていない。前々回の川崎FT・前回の平塚FTでは、決勝でいずれも稲垣裕・川村晃の京都勢に良いところなく敗れてしまっている。今日は、藤田竜の先行を中団5番手確保から捲るも、番手から併せた岡田征の粘りもあって2着に終わったが、決して脚色は悪くなかった。明日もワンチャンスを探る展開になりそうだが、後ろが地元の成清だけに多少の早仕掛けからの押し切りもあろうか。
穴軸は、単騎で自在に立ち回るH神山を指名。今年は1月の大宮GVを優勝し、飛躍が期待されたが、良かったり悪かったりを繰り返す1年となった。しかもFT戦でも苦戦したりするなどして、今年現時点でのVは大宮GVのみにとどまっている。当地は、地元・宇都宮と同じ500バンクでもあり、今日の初日特選でも、最終BK7番手から見事なスピードで捲って、アタマ取りに成功した。メンバー構成でも、久しぶりのVチャンスもあるだけに、ここは連勝を決めて気分よく準決に進みたいところだ。後閑マークから混戦衝いて突っ込むD岡田、地元バンクで仕掛け所を熟知のC海老根、各ラインの番手マークから伸びるG三宅・@成清・E鈴木の2〜3着受けは押さえておきたい。

<本線予想> 2=7 2=5 2→9 2→8
<穴予想> 9=7 9=4 9→1 9→5


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104725923

この記事へのトラックバック