2014年10月18日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、熊本記念(GV)の2日目12R・優秀競走「火の鳥賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@浅井康太・D松岡健介・F東口善朋の3車が飛び出し、東口がSを決めてG稲毛健太と松岡を迎え入れる。誘導員以降の並びは、近畿3車−単騎の浅井−マークのB中川誠一郎−ライン3番手のC松坂英司−関東3車の順。赤板HS(残り2周)を迎え、E牛山貴広が踏み上げ稲毛を抑えようとすると、稲毛は誘導を交わして突っ張る素振りを見せる。牛山はジャン前1センターでハナに立ち、この動きを浅井も追走したところでジャンを迎える。牛山は最終HSから全速スパートに入り、下げた稲毛が大きく車間の空いた7番手から巻き返しの捲りを放つも、これを見た牛山番手のA平原康多が番手捲りを放つ。稲毛の捲りは関東後位をキープする浅井の横で脚色が一杯になる。最終2センターから浅井が捲り追い込みを仕掛けると、浅井番手の中川が大外から差し交わして1着、浅井が2着になる。そして3着は、平原後位から直線伸びたH後閑信一が確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 B→@ 450円
 3連単 B→@→H 5280円

中川が素晴らしいタテ脚を披露して優秀戦を制しました。浅井に前を任せての番手戦でしたが、展開は意外にスンナリしたものになりました。平原の番手捲りも想定していたでしょうし、それを追走しての捲り追い込みなら、地元「滑走路バンク」の勘所も分かっているだけに、1着は当然の結果でしょうか。アジア大会のスプリントで金メダルを獲得し、凱旋レースとなった今回の地元記念ですが、地元ファンは“アジアチャンピオン”にGT制覇を願っていることでしょう。スピード・戦術など、円熟味を増した中川の今後の活躍から目が離せません。
一方、近畿勢の作戦には「?」マークが付きます。稲毛の先行を考えるなら前受けは不要ですし、突っ張り先行なら松岡の番手捲りのタイミングが早くなってしまい、勝負所で空中分解する恐れもあります。稲毛も突っ張る素振りを見せたのち下がっていきましたが、引くならスッと最後方まで引くべきだったかと思います。中団取りの色気があるようにも見えましたが、引くなら早く引き切ってしまわなければ、巻き返しに行くタイミングが遅れる一方です。そういった点で、近畿ラインの作戦が、チグハグになって、後手後手に回ってしまったように感じました。

さて今週と来週は「わかちゃんファンCLUB会報連動企画」として、7月にデビューした地元和歌山のルーキー105期生・石塚輪太郎選手のインタビューをお送りします。なお明日の千葉記念11R「S級優秀」の見どころ&ヘボヘボ予想の、当ブログへのアップは夜8時半頃の予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104507745

この記事へのトラックバック