2014年10月04日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、青森記念(GV)の2日目12R・優秀競走「八甲田賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で@新田祐大とH武田豊樹が飛び出し、武田が正攻法に収まる。誘導員以降の並びは、茨栃2車−ライン3番手のF成清貴之−北日本2車−単騎のA藤木裕−九州2車−ライン3番手のE筒井敦史の順。赤板HS(残り2周)を迎え、藤木が踏み上げ武田を抑えようとすると、武田は車を下げ、藤木が正攻法へ。さらに藤木を追ったG吉本卓仁が藤木を叩いて先頭に躍り出ると、この動きを追った新田が吉本を叩いてジャン前から先行勝負に出る。新田がやや流して(ペースを上げずにいること)いると、3番手外並走まで追い上げていた武田が最終HSから踏み込んで行く。これを見た新田が一気にペースアップすると、追い上げた武田が新田番手のC内藤宣彦をキメ(インに押し込むこと)に行き、前団がもつれる。このもつれに乗じて藤木も捲り上げるが、捌き合いのあおりを受け前に出られない。武田と内藤の競り合いは、最終2角過ぎに武田に軍配が上がる。結局、番手を確保した武田が、ゴール寸前で新田を捉えて1着になり、2着には新田が粘る。そして、競り負けたものの武田後位を確保し、2センターでB神山雄一郎を捌いて直線伸びた内藤が3着を確保しました。

<結果・払戻金>
 2車単 H→@ 1090円
 3連単 H→@→C 7940円

武田がよもやの追い上げマーク策で勝利を挙げました。新田を前に出させて、最終HSから捲り返しという腹づもりだったのでしょうが、互いの踏み出しのタイミングが合ってしまいました。しかし、これにも慌てず、追い上げ競りに転じたところはさすが。内藤もよく頑張りましたが、最後はタテ脚を活かしてねじ伏せました。オールスター優勝でGP出場権を確保して、ホッとしたいところでしょうが、この全力プレーには頭が下がります。ファンの期待に添える走り、結果をを求める武田だからこその追い上げマーク策だったと感じました。
2着に粘った新田も、SS班の実力を見せつけました。吉本を叩いてからは、武田の動きをニラみながら流し、武田のスパートに併せてのゼロ発進でした。番手に武田が追い上げてきたため、逃げ切りはなりませんでしたが、ラストの粘りは一級品。好調が維持できていると見て良さそうです。賞金ランキングでのGP出場権
に予断は許しませんが、このままの勢いなら「競輪祭」制覇での出場権獲得も十分あり得ます。年末までは長いですが、この状態を維持していってもらいたいところです。

さて今週の番組は、明日の和歌山・ガールズケイリンFUのガールズレース注目選手ピックアップをお送りします。また今日は6Rと7Rの「ガールズ予選2」、9R〜11Rの「A級準決勝」、さらに明日の大垣記念11R「S級決勝」の、超欲張り6箇レース見どころ&ヘボヘボ予想は、夜9時過ぎにアップの予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104011515

この記事へのトラックバック