2014年09月27日

9/28 青森記念GV・12R優秀競走「八甲田賞」 予想

今週のブログ予想は、あす(28日)和歌山競輪場で場外発売が行われる青森記念(GV)の2日目12R・優秀競走「八甲田賞」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●青森記念GV・2日目

《第12R S級優秀「八甲田賞」》

本線 穴
○ ○ 1 新田祐大(福島)
☆ ☆ 2 藤木 裕(京都)
▲ × 3 神山雄一郎(栃木)
    4 内藤宣彦(秋田)
× ◎ 5 大塚健一郎(大分)
    6 筒井敦史(岡山)
    7 成清貴之(千葉)
  ▲ 8 吉本卓仁(福岡)
◎   9 武田豊樹(茨城)

並び ←G56 @4 A H37
※青森競輪場HPによる

上位陣がまずまず順当に優秀戦進出。各派互角で展開一つで波乱の目もあるか。
ライン構成は4分戦。北日本・茨栃・九州はスンナリ決まり、中国単騎のE筒井が「九州3番手」、南関単騎のF成清は「今日世話になった茨栃の3番手へ」と話した。そしてA藤木は「単騎でも自力」と話した。メンバー構成から考えれば、G吉本が積極的に動きそうに思えるが、流れでは他派も先手取りに動く可能性も十分ありえる。ただここは、展開不問で力を発揮できるH武田に◎印を付ける。前回・前橋ASは、圧倒的な強さを見せつけ、5度目のGT優勝を飾った。ただ、昨日の前検日コメントで「AS後に体調を崩した」とのことで、「もう大丈夫」とは言っていたものの、今日の初日特選は神山雄に差し交わしを許した。しかし、明日は無理駆けする必要もなく、自分のタイミングで捲り返せば、首位争いの筆頭に自ずと躍り出るはずだ。対抗は@新田。前回ASでは優参を果たすも、決勝では、最終BK最後方からの捲り追い込みが届かず4着に終わった。しかしこれも、単なる「展開負け」と割り切れるか。「5日間の違反訓練明け」の今節だが、今日は思い切った先行策で見事に押し切った。地元地区のGVだけに、決して負けられないシリーズだが、明日はペースが緩めば、今日の再現となる逃走劇もあるか。
穴軸はD大塚を指名。前回の岐阜GVは、決勝で不運の落車(再乗7着)。しかし賞金ランクでのGP出場権ボーダーライン上だけに、決して休むことが許されない状況だ。ただ今節は、吉本卓や黒田淳など先導アシスト役もいるし、何とか優参を果たしたいところ。明日の優秀戦も、今日と同様の流れになれば、必勝態勢で差し込んで来るだろうし、吉本不発でもコースを縫って突っ込んで来ようか。武田をマークするB神山の逆転やG吉本の逃げ粘り、単騎でもA藤木の一発狙いなども注意を払いたい。

<本線予想> 9=1 9=3 9→5 9→2
<穴予想> 5=1 5=8 5→3 5→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103989581

この記事へのトラックバック