2014年09月13日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、松阪FT「S級シリーズ・西日本カップ」の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

レースは、号砲で宮城2車が飛び出し、G保科千春がSを決めて正攻法に収まる。正攻法からの並びは、宮城2車−四国2車−中部4車−単騎のH布居寛幸の順。赤板HS(残り2周)を迎え、E村上卓茂が一気に踏み上げ、保科を叩いて先頭に躍り出る。この動きに布居が続き、さらにA池田憲昭も切り替えて追走し、保科は最後方8番手まで下げさせられる。ジャンを合図に村上がさらにペースアップして完全に先行体勢に入ると、一列棒状の隊列で最終HSを通過。最終1角過ぎから保科が捲り返しに出るも、これを見た村上マークのD山口泰生が番手捲りで対応。保科の捲りは3番手横までやって来るも、最終3角で脚勢が一杯になり不発に終わり、マークのB和田圭がタテに踏み込んで来る。しかし山口後位の@萩原操が併せるように早目の差しに構えると、スタンドからの大歓声をバックに、堂々とVゴールを駆け抜ける。2着には萩原マークのF宮越大が続き、大外を捲り追い込んだ池田が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 @→F 1160円
 3連単 @→F→A 4760円

一策あるとは感じていましたが、見事な中部作戦が決まり、萩原が優勝を決めました。しかも、自身が今年7月に記録したS級最高齢優勝を更新という大きなオマケ付きです。大ギヤブームが始まった時から、積極的に大ギヤに取り組み、年齢を感じさせないタテ脚で見せ場を作ってきた萩原ですが、この決勝は中部中堅どころのお膳立てもあって、会心のレースでした。今年は全プロのエリミネーションで優勝し、GT・寛仁親王牌に出場する活躍も見せました。近歴その好調ぶりが止まったかに見えましたが、これでまた勢いを取り戻せそうです。「輪界のレジェンド」萩原の走りを今後も注目したいと思います。
一方、8着に終わった保科ですが、村上が上昇した時点で「中部作戦」が見えていただけに、簡単に下げてしまうと一巻の終わりです。しかも池田に切り替えられての8番手で、若干車間が空いてしまったのも不利に働きました。結果論ではありますが、中部勢を崩し、番手・和田へのアシストも考慮すれば、突っ張り先行策でも良かったのではなかったかと思います。立ち回り次第では、S級初優勝の可能性もあっただけに、少し残念な走りに見えました。ただデビュー3年目で、これからまだまだ経験を積まなければならない時期。22歳の若さを武器に、今後いくらでもこういったチャンスは巡って来るでしょう。持ち前の先行力で一日でも早く初Vをつかんで、北日本の自力型エース候補に成長してもらいたいですね。

さて今週の番組は、明日の「オールスター競輪(GT)」準決勝の注目選手ピックアップをお送りします。また9R「ガールズケイリンコレクション2014 前橋ステージ『ドームクイーンカップ』」と、10〜12R・準決勝の、欲張り4箇レース見どころ&ヘボヘボ予想は、夜9時過ぎにアップの予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103348979

この記事へのトラックバック