2014年08月30日

8/31 富山記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(31日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、富山記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●富山記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
☆ ○ 1 金子貴志(愛知)
× ◎ 2 村上義弘(京都)
◎   3 新田祐大(福島)
  × 4 川村晃司(京都)
▲   5 菊地圭尚(北海)
    6 北野武史(石川)
  ☆ 7 野田源一(福岡)
    8 松川高大(熊本)
○ ▲ 9 浅井康太(三重)

並び ←C2 7 H@6 8 B5
※「CHUBU NET」による

優勝候補が余裕で準決を突破。ファイナルは、まさに“実力拮抗”。本命も穴もない。
並びはほぼ予想通りか。まず地元・中部ラインの前後は、H浅井が「自力、自在で」と話し、@金子が番手回りとなった。京都・北日本も想定された並び。そして九州2車は、F野田が「松川君もいるが単騎で」とコメントし、それぞれ別線単騎となった。展開は、ライン2車でもC川村がA村上を従えて先行し、他派が捲り返しに出るのが自然な流れか。ただ、超一級品のスピードを持つB新田が、展開不問で一刀両断するか。前回の小田原GVは、決勝で南関2段駆けに屈したが、好スピードで捲り追い込むなど大いに見せ場を作った。明日は、京都勢が先行し、単騎同士の九州2車が続いても、5番手が確保できれば今節一番時計の脚でひと捲りするか。対抗の○印はH浅井に付ける。新田祐と同乗した小田原GV決勝は、実質手も足も出ない流れで4着に終わった。しかしながら、今節も自力に追い込みに、持ち前の自在脚質を十二分に発揮している。明日はGPチャンプ・金子を番手に従えてのレースで、ある程度仕掛けて出る必要もあろうが、混戦になれば、むしろチャンス拡大となるか。
穴にならない穴軸は、A村上を指名。SSイレブン問題による自粛欠場後の地元・京都向日町GVで感動のVを果たすと、松戸SNFでも1勝。しかも今節は川村晃や筒井裕の先行アシストもあってA@1と、3連続連対での優参。明日も川村の先行を受け、後続をブロックできれば、自ずとVチャンスが近づいて来る。筋違い決着なら、意外な好配をもたらすか。浅井番手の@金子や、新田番手のD菊地のアタマ押さえやC川村の残り目は当然必要だろうし、穴なら忘れてはならないF野田の一発捲りにもケアしなければならない。

<本線予想> 3=9 3=5 3→2 3→1
<穴予想> 2=1 2=9 2→4 2→7


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102956847

この記事へのトラックバック