2014年08月16日

8/17 小田原記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(17日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、小田原記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●小田原記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
▲ ○ 1 桐山敬太郎(神奈)
○ × 2 浅井康太(三重)
◎ ▲ 3 新田祐大(福島)
☆ ☆ 4 村上博幸(京都)
  ◎ 5 林 雄一(神奈)
    6 根田空史(千葉)
×   7 柏野智典(岡山)
    8 笠松信幸(愛知)
    9 南 修二(大阪)

並び ←E15 8 A49 B7
※「Keirin.jp Stream」前日開催情報による

平原・武田が敗退で波乱の準決。地元・SSイレブン・中部が入り乱れ激戦必至だ。
注目された並びコメント。まず地元・南関の前後は、@桐山が「根田マークで」と話し、D林が3番手回りとなった。そして中部は、G笠松が「先手ライン追走から」とコメントし、別線を選択した。そしてA浅井の後位はC村上が「浅井に任せる」と、マークを主張。さらに北日本単騎のB新田にはF柏野が付けることになった。展開は、実質先行一車になったE根田が飛ばして、@桐山が番手捲り気味に抜け出すという構図が成り立ちそうだ。しかし、ここはスピードで一枚上のB新田を本命視する。SSイレブン問題での自粛欠場明け初戦の前回・松戸サマーNFは、初日予選こそ3着で決勝進出を逃したが、しっかり最終HSを奪って先行勝負した。今節は、先行した優秀戦こそ8着に終わったが、初日特選と今日の準決では見事な捲りで1着。“実質SS班”の強さを見せつけた。明日も、自分のタイミングで捲り返せば、Vチャンスは自ずと近づいてくる。対抗には、こちらもスピード上位のA浅井に期待。前回のサマーNFでは、初日予選で「奥の手」の一発捲りを披露して優参。しかし決勝では、深谷知の番手で平原康を厳しくブロックするなど、着順(3着)以上の気合いあふれる動きを見せた。明日は自力戦だが、今節は元々自力戦を強いられるメンバー構成だけに、想定の範囲内か。できれば今日と同様、中団確保から新田よりも先に捲って、V争いに加わりたいところだ。
穴軸は、南関3番手のD林に期待。今年1月の和歌山GV優勝後、順調にステップアップしている林だが、5月名古屋・7月別府でそれぞれFT優勝を飾り、高松宮記念杯で準決に進むなど、安定した走りに評価はさらに高くなっている。明日は、桐山の番手捲り含みの抜け出しから、2センターあたりからの差し交わしで、準地元(ホームは平塚)でのVを決めるか。その@桐山も当然首位争いの押さえが必要だし、C村上は浅井の捲りに、F柏野は新田の捲りに、それぞれ喰らい付ければアタマ勝負まで期待できようか。E根田の逃げ粘りも要注意だ。

<本線予想> 3=2 3=1 3→7 3→4
<穴予想> 5=1 5=3 5→2 5→4


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102459576

この記事へのトラックバック