2014年08月02日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、函館記念(GV)の2日目12R・優秀競走「巴賞」のヘボヘボ予想でした。

号砲直後は一瞬けん制状態になったが、C山田敦也と@内藤宣彦が周りの動きを見ながら誘導を追いかけ、B菊池圭尚を正攻法に迎え入れる。序盤の位置取りは、北日本4車−単騎のF中村浩士−中部・近畿4車の順。赤板HS(残り2周)を迎えると、D竹内雄作が上昇してレースが動き始める。竹内は菊地を抑えることなくハナを切り、菊地はスンナリ5番手に下がる。隊列一本棒であるのを確認した竹内がジャンから先行勝負に出ると、最後方の中村がインをスルスルと上昇して、菊地の番手に飛び付くべく山田に競りを挑む。竹内が快調に飛ばして行くところ、最終3角手前から菊地が捲り追い込みで発進。しかし、これに気づいた浅井が菊地を捌きつつ、番手捲り気味の早めの差しで対応。結局、浅井が勢いそのままに直線伸びて1着になり、浅井マークのE林巨人が2着に続く。そして大外から突っ込んだ内藤が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 A→E 500円
 3連単 A→E→@ 18800円

竹内の思い切りのいい先行を活かした、浅井にとっては何でもないレースでした。ライン構成は2分戦で、しかも前を任せる竹内が徹底先行型となれば、浅井にとっては『北日本勢の仕掛けを見ながら、自分で出て行くか?』それとも『竹内を残してやるか?』というある意味“二者択一”。しかも浅井の捌きは、レース後に菊地がコメントしていましたが「横にブロックしながらタテに踏み込む」というもの。捲り追い込む側にとって最もいやらしい動きで、番手選手としてはパーフェクトでした。疲れを見せずにSS班の責任を全うする、浅井の走りに拍手を送りたいものです。
その一方、北日本勢は策無しのような走りで、2分戦としての妙味をそいでしまいました。菊地も、着順に関係ない優秀戦である以上、浅井への飛び付き・競りはないにしても、自力戦らしい動きを見せてもらいたかったですね。5番手からの捲り追い込みという、ある意味消極的な策に「?」マークを付けざるを得ません。別ラインの軸として車券の人気を背負っていた以上、それなりの走りを見せてもらいたかったように思います。
あと強いて挙げるなら、中村の追い上げマーク策です。自らの着を求めるのなら、菊地の番手で競るのではなく、浅井または中部3番手の林に競りかけるべきだったのではないでしょうか。南関の選手はは北日本との連携もあったりするだけに、山田への飛び付き策は、無理な、というより意味のない競りだったような気もします。和歌山競輪場でも、中村の2着・3着狙いのファンも多かったように思います。優秀戦という微妙な位置づけのレースではあるものの、山田への競りは、こちらにも「?」マークを付けざるを得ないと感じました。

さて今週の番組は、「和歌山競輪イベントインフォメーション」をお送りします。来週8/8(金)・9(土)に「サマーナイトフェスティバル」の場外発売に併せて、和歌山競輪場で「わかちゃん夏祭り」が行われますが、そのイベント内容をご紹介します。また、明日の京都向日町記念・最終日11R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜8時半頃の予定です。
また、番組内容や予想とその結果などについてのコメント等々がございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101990020

この記事へのトラックバック