2014年07月19日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、福井記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想でした。

号砲直後はけん制状態も@金子貴志が誘導を追いかけ、正攻法にC柴崎淳を迎え入れる。周回中の位置取りは、中部3車−A脇本雄太−マークのB新田康仁−関東4車の順。青板3角(残り2周半)からE吉澤純平が上昇すると、柴崎はスンナリ下がり吉澤が正攻法に。吉澤の動きを追走した脇本が中団5番手を確保し、柴崎は後方7番手へ。脇本はジャン過ぎ2センターから踏み上げ、最終HSからは、突っ張った吉澤との主導権争いに。ところが脇本追走の新田が、吉澤マークのD神山拓弥に捌かれて後退すると、脇本番手には吉澤がはまり込む。脇本はスピードが乗ってきた最終BKで、吉澤を3車身ほど千切ってセーフティーリードを築くと、そのままの勢いで嬉しい地元記念初優勝のVゴールを駆け抜ける。2着には直線で吉澤を交わした神山、3着には神山マークから続いたG上原龍が流れ込む。

<結果・払戻金>
 2車単 A→D 2040円
 3連単 A→D→G 6010円

脇本が圧巻の強さを見せつけた決勝でした。吉澤がハナを切るのは、ある程度織り込み済みだったんでしょうが、ジャンから発進すると、吉澤の抵抗も関係ありませんでした。吉澤も飛び付けず差は広がる一方でしたし、仮にベタマークできたとしても、番手捲りや交わしにかかるところまでは行けなかったでしょう。それだけの強さを感じさせたレースでした。中3日ですが、この調子なら、弥彦「寛仁親王牌」も上位進出してくれることでしょう。
2着の神山は、結果論になりますが、吉澤から切り替えなかったことがアダになったかと思います。ラインの結束を考えれば、吉澤を脇本の番手に入れさせたことは間違いではありません。ただ、レース後のコメントで「雨で前が見えていなかったので、距離感が分からなかった」とのことですが、自らが優勝することを第一に考え、そういったバンク状況も考えれば、切り替え策も止むを得なかったのではなかったかと思います。

さて今週の番組は「和歌山競輪イベントインフォメーション」として、現在会員募集中の和歌山競輪ファンクラブ「わかちゃんファンCLUB」について紹介します。なお今週も高校野球中継のため、いつもと放送時間が異なり、第2試合と第3試合の間(午後1時50分頃を想定)に放送する予定です。悪しからずご了承下さい。但し野球中継が早く終わり、通常の時刻(午後5時55分)に放送できる場合は、PART2として明日の寛仁親王牌3日目10〜12R・準決勝の注目選手をピックアップしてお送りします。また、その準決勝3箇レースの見どころ&ヘボヘボ予想の当ブログへのアップは、夜9時頃の予定です。
また、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、どうぞ遠慮なく書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101650014

この記事へのトラックバック