2014年07月12日

7/13 福井記念GV・11R「S級決勝」 予想

今週のブログ予想は、あす(13日)和歌山競輪場で場外発売が行われる、福井記念(GV)の最終日11R「S級決勝」のヘボヘボ予想です。

【WBSラジオ・山本ディレクターの明日のレースヘボヘボ予想】

●福井記念GV・最終日

《第11R S級決勝》

本線 穴
○ ▲ 1 金子貴志(愛知)
◎ ☆ 2 脇本雄太(福井)
▲ ○ 3 新田康仁(静岡)
    4 柴崎 淳(三重)
× ◎ 5 神山拓弥(栃木)
  × 6 吉澤純平(茨城)
    7 兵藤一也(群馬)
    8 上原 龍(長野)
☆   9 志智俊夫(岐阜)

並び ←E587 A3 C19 
※「Kドリームス」HPによる

地元のエースが優参も即席ライン。強力な他派もおり、簡単な流れにはならないか。
並びコメントから、ライン構成は変則3分戦になりそう。関東4車が一本にまとまり、茨栃2車の後ろに上信2車が並ぶ形だ。そして中部2車も今日と同じ並び順。そして近畿単騎となった地元のA脇本を、こちらも南関単騎となったB新田がマークする。展開は、脇本もいるが、やはりラインの長さを活かしたE吉澤が仕掛けて行くと見たい。後は捲り返しのタイミングだけだが、ライン2車になってむしろ身軽になりそうなA脇本を中心に据えたい。前回取手GVは伊藤保、前々回の高松宮記念杯は稲川翔と、ここ4場所は、先行した脇本の後位がことごとくVをつかんでいる。ただ明日は、番手が他地区ということもあり、自分だけのレースができるそうだ。中団を確保し、自分のタイミングでの一発捲りなら、悲願の地元GV初Vも見えてくるか。対抗は@金子。近歴はやや不安定だが、自力・追い込みいずれでも対応できるのが強みだ。今節は、初日特選こそ4着に敗れたが展開負けで、二予・準決を連勝しており、決して調子は悪くはなさそうだ。明日も柴崎淳に前を任せるが、最悪でも自分で仕掛けて局面を打開するか。
穴軸は、吉澤マークから突っ込むD神山。前回小松島GVで優参を逃したり、アタマ取りが十分できていなかったりするなど、近歴は今一つ安定感に欠ける。しかし明日は、番手捲り気味に飛び出さなければならない流れも考えられ、神山のタテ脚兼備の自在脚は魅力だ。後続の上信2車のアシストも期待でき、筋違い決着なら高配必至だけに、狙ってみたいところだ。脇本マークのB新田や、中部3番手から伸びるH志智、逃げ粘るE吉澤あたりも押さえておきたい。

<本線予想> 2=1 2=3 2→5 2→9
<穴予想> 5=3 5=1 5→6 5→2


よろしければ参考にして下さい。
なお車券の購入は、皆様の責任においてなさってください。健闘を祈ります。
posted by wbs at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101627414

この記事へのトラックバック