2014年06月28日

先週の答え合わせ(結果)

先週のブログヘボヘボ予想は、久留米記念(GV)の2日目12R・優秀競走「キラリ久留米くるっぱ賞」のヘボヘボ予想でした。

レースは、中部2車を抑えて飛び出したC三宅達也がSを決め、正攻法にF松岡健介を迎え入れる。周回中の位置取りは、松岡−マークの三宅−中部2車−南関2車−九州3車の順。赤板HS(残り2周)を前に、A吉本卓仁が上昇すると、松岡は下がり、正攻法が入れ替わる。中団のH深谷知広を抑え込む。さらに外へ車を持ち出した@桐山敬太郎が踏み上げると、吉本を叩いて先頭へ。さらに松岡が外々踏み上げて行くと、桐山がこれを見てスパート、先行勝負を挑む。中団は内・吉本と外・松岡が並走し、吉本が最終BKで松岡を捌いて先捲りを狙ったところ、深谷が怒涛の捲り返しで前団に迫る。深谷は最終2センターで桐山を捉えると、そのままの勢いで1着になる。2着には深谷マークのB浅井康太が続き、吉本マークのG坂本亮馬が3着を確保する。

<結果・払戻金>
 2車単 H→B 460円
 3連単 H→B→G 1920円

中団がもつれて車間が詰まったところを、深谷が一気の捲り返しで快勝しました。吉本の主導権かと思いきや、桐山が先行する意外な展開。ただ一列棒状ではなく中団でもみ合いになったのが、深谷にとっては助かりました。宮杯から中3日の強行日程ですが、それを感じさせない強さ・スピードを披露。浅井とともにSS班ラインということもあって人気を背負いましたが、ラインワンツーでその期待を裏切らないさすがの走りでした。
8着に終わった松岡の攻めが中途半端だったのは、気になるところです。ジャン過ぎからカマシを狙って踏み上げて行ったものの、桐山とのスピードが合ってしまい、中団止まりの攻めになってしまいました。桐山の上昇を追ってもう少し早めに出て行くか、深谷の仕掛けに併せる形で捲るかの、どちらかだったように感じました。

さて今週の番組は、明日の取手記念・最終日12R「S級決勝」の見どころ&ヘボヘボ予想をお送りします。当ブログへのアップは、いつもの通り夜8時半頃の予定です。
またいつもお願いしておりますが、番組内容や予想・結果などについてのコメントがございましたら、遠慮なくどしどし書き込んで下さい。心よりお待ち申し上げております。
posted by wbs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想の結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100213502

この記事へのトラックバック