2014年06月23日

【山本ディレクターの自腹出張日記】 宇都宮「高松宮記念杯競輪」(GT) 東口決勝進出! これは見に行かずにはいられない!(そのE・最終回)※プレゼント告知あり

わたくし山本が、直近に遠征した全国の競輪場を紹介する「山本ディレクターの自腹出張日記」。去る6月15日(日)に宇都宮競輪場で開催された「第65回高松宮記念杯競輪」最終日へ「自腹出張」した様子をご紹介するリポート。今回は6回シリーズの最終回です。宇都宮土産のプレゼントもありますよ。

御徒町周辺で、用事や食事、果てはユニクロで買い物をするなど、東京での休日を満喫する私。ユニクロで買ったツータックパンツの裾併せの時間をどうつぶそうか、駅周辺をまたもやウロウロ。そして行き着いたのは…、

某パチスロ専門店です(バカ!)。

「まぁ、1万円負けるつもりでやってみよか?」(大バカ!)と、波の荒さ、勝ち負けのキツさでは今稼働中の機種でbP級の「アナザーゴ○ド」に挑戦です。そして、まさに気持ちよく1万円負ける寸前、ゴ○ドゲーム(GG)を引いたものの、連チャンせず単発で終了。メダルがなくなる寸前に引き戻しましたが、これも単発っぽい感じです。そうしていると、予期せぬ演出が発生します。


バ〜〜ン! ビビッ、ビビビビッ! ピシッ、ピシピシッ、ピシピシピシッ、バリバリバリッ…


パチスロファンの方はご存じだと思いますが(擬音だけじゃ分からんゎ!)、そうです。確率 1/21845.3の全回転フリーズです。後は揃う絵柄が何かだけです。そして…

うぁっ! GOD揃いや!

うぁっ! GOD揃いや!


GOD揃いを引きました。ありがとうございま〜す!!


ただ途中のジャッジメントの引きが良くなく、1500枚いかないショボイ結果になりそうでした。しかし、その後、単独で引いたGGがART400Gで、なんとかトータル3000枚近くまで行きましたが、時間もPM5時半になり若干食われたところで終了。

2688枚出しました ウレシ〜!

2688枚出しました ウレシ〜!


5.5枚交換で5万円弱の上がり。差し引き4万円弱のプラスで「アナザーゴ○ド」は終了。後ろ髪を引かれる思いで、ツータックパンツを受取りにユニクロへ戻ります。そして「一日遅れの『父の日』プレゼント」として、ポロシャツを追加で買い求めました(おっ、たまにはエエことするやん?)。

そして御徒町駅といえば、線路沿いに展開される、全国的にも有名な商店街「アメ横」です。

御徒町といえば「アメ横」

御徒町といえば「アメ横」


冷やかしというか、観光客として雰囲気を楽しもうと「アメ横」の中に入って行きましたが、入ってすぐの所に何軒かゴルフショップがあり、店頭にぶら下げられているシャツやキャップを見ているうちに「スペアの半袖ポロシャツが欲しかったんや」とか、「この前、大雨の中でゴルフした時、今度こそレインウェア買おうって思ってたんや」などと、物欲が大爆発します。パチスロで勝ったことも手伝って、衝動買いモードに突入。そしてまたまた荷物を増やしてしまいます。

ひとしきり衝動買いを終えると、さすがに疲れたため、ミ○ドで「おやつ&お茶タイム」です。ドーナツ(しかも3つ)をパクつきながら、日中の大宮&武雄FTの結果を携帯(ガラケー)でチェック。「大宮の最終は、三ツ石(康洋)のアタマで4万円台か〜。行きゃよかったかな?」「武雄の上がり3ホール(レース)は、大本命戦の連続か…。ラピスタにせんで正解やったかなぁ」などと勝手なことを言いつつ、コーヒーをおかわり。さらに、夕刻以降「ラピスタ新橋」で発売されている四日市ナイターFT・最終日のメンバーと、1Rからの流れもチェック。前半のA級戦・ガールズ一般戦でチョイ荒れだったのが、中盤6R以降で大荒れムードに変わっています。ただ、12RのS級決勝は外国人選手2人が抜けた存在で、好配は望めそうにもありません。行こうかやめようか逡巡しつつも、出てきた答えは…

「まぁラスト勝負というよりも、ユニクロとゴルフグッズ代を半分取り返すつもり、という感じでエエやろ…」(バカ)と思い、ラピスタ新橋へ向かいます。

御徒町から山手線で5駅移動。程なくして、新橋駅前SL広場脇の「ラピスタ新橋」に到着です。

そして「ラピスタ新橋」へ

そして「ラピスタ新橋」へ


会員証をセンサーに通して館内へ。そして四日市FTの出走表を取り上げ、すぐに羽田空港へ向かえるように、車券売り場としては一番下の3Fフロアへ向かいます。折しも11Rの車券発売中。スピードチャンネルが放映されているモニターで、並びを確認します。

11Rは3分戦+単騎が1車のライン構成。B鈴木裕が率いる南関2車にH小川圭二が3番手を回るラインが本線で、A柴田洋輔が先頭の関東3車、@藤田剣次が前回りの九州2車、さらにC藤原浩が単騎で捌いていくという構図で、鈴木の先行一車です。

先行一車ということであれば、とりあえずは、そのラインがレースを有利に運ぶことができます。ただ柴田の総力戦というのが、やや不気味に感じました。そこで車券の結論としては、南関+徳島の本線ライン3車に柴田を加えたBDHA4車BOXを基本に、1着候補を鈴木と柴田に絞り、3着候補に関東マーク陣を加えたフォーメーション車券を購入しました。

四日市ナイター11R車券

四日市ナイター11R車券


レースは、号砲で各車見合ってけん制状態から、@藤田剣次が踏み上げ正攻法に収まる。周回中の位置取りは、九州2車−関東3車−南関2車−ライン3番手のH小川圭二−単騎のC藤原浩の順。赤板HS(残り2周)からA柴田洋輔が上昇しますが、さらにジャン前BKでB鈴木裕が柴田を叩いて先行します。柴田は一旦下げるも、空いたインを突っ込んで3番手で粘り、小川に競りを仕掛けます。この競りは柴田に軍配も、小川は一車下がった4番手外でG太田真一と並走です。そして最終BKから藤原が単独捲りを仕掛けると、これを併せながら柴田も捲って出ようとしますが、車が前に進みません。結局、直線で再度踏み直した鈴木が逃げ切って1着。最終3角から内々もぐって伸び返した小川が2着に突っ込み、鈴木マークのD丸山啓一が3着を確保しました。

車券は当たったものの、3連単2千円台の本命戦。柴田アタマで好配になりそうな流れでしたが、むしろ競り負けた小川が直線で復活したことに、納得がいきません。「A→D→H、A→D→Bで、万車券イタダキやったんちゃうんかぃ?」とボヤきが始まります。

しかしボヤいている暇はありません。というのも、最終12Rの発走は20:35。飛行機の時間から逆算すると、レースを見届けることはできません。取りあえず車券を買って、モノレールの中でテレドーム観戦です。11Rの車券があまりマイナスにならなかったことから、払い戻しをそのままドカンと勝負することにしました。

最終12R決勝戦はライン4分戦+単騎が1人という構成。Aぺルビス(仏)−Dドミトリエフ(ロシア)の外国人2車が見るからに強力で、しかもその3番手へ単騎の@坂口晃輔が付ける見込みで、ラインはさらに強力です。この外人+地元ラインに、H山形一気が率いる瀬戸内2車、F森山智徳が前回りの九州2車、E伊藤信が引っ張る近畿・中部2車が対抗していく訳ですが、客観的に見ても力不足は否めません。

車券を買うべくオッズを見ますが、外人ライン並んだまんまのA→D→@が600円台、差し目のD→A→@も1100円台を示しています。それ以外になるとかなりの大穴になりますが、なかなか難しい感じです。そこで結論としては、3番手回りになりそうな坂口の頑張りに期待して、AD@3車BOXを基本に置きました。@アタマの@→A→Dなら8千円台、@→D→Aなら万車券。ただ、大きくは勝負せず500円BOXです。そして2〜3着候補として、山形と森山マークのG佐藤幸治の、それぞれのタテ脚に期待してのフォーメーションです。@→G⇔Hなら8〜10万円台のビッグな配当にありつけます。

四日市ナイター12R車券

四日市ナイター12R車券


車券購入を済ませた時点で、すでに時刻は20:20。後ろ髪を引かれる思いでラピスタを後にしました。そしてモノレールに乗り込んだところで発走時刻になり、電池が切れかけている携帯のテレドームに耳を傾けます。

レースは、号砲でG佐藤幸治がSを決め、F森山智徳を正攻法に迎え入れます。周回中の隊列は、九州2車−瀬戸内2車−近畿・中部2車−外国人2車−単騎の@坂口晃輔の順。赤板HS(残り2周)を迎えるも動きがないところ、1センターからAぺルビスが上昇を開始し、ジャンを合図に一気にふかして(スピードを上げること)先頭に躍り出ます。しかしH山形一気がジャン過ぎ2センターから、名前のごとく一気にカマすと、ぺルビスを捉えて先頭へ。さらにこの動きに乗ったE伊藤信が3番手に割り込むと、これ以上は下げられないぺルビスが、伊藤後位のC鈴木伸之を捌いて4番手位置を確保します。最終BKから伊藤が渾身の捲りを放つと、これに乗ったぺルビスが早くも2センターで伊藤を交わして先頭へ。結局、ぺルビスがそのまま後続を完封し、2場所連続完全優勝となるVゴールを駆け抜ける。2着にはぺルビスをマークのDドミトリエフ、3着には外人ライン3番手追走の坂口が続き、一番人気での決着となりました。

テレドームで聴いた実況で、立野純ANが「ドミトリエフ差したかどうか? きわどい勝負になりました!」と叫んだことで、配当がつける方(差し目)での決着を期待しましたが、結局は1番人気での決着。3連単の払戻金は670円で、800円当たったところで5千円チョイしか返って来ません。関東行脚2日間のフィナーレは、大穴狙いで突っ込んだ分だけマイナスという典型的な取りガミということになりました。


でも競輪とパチスロ合わせての収支は、プラス計上で終えることができましたし、浮いた分はユニクロなどでのショッピングで、形(モノ)として残すことができました。しかしそれ以上に、東口選手の県勢として28年ぶりの特別競輪決勝進出、半世紀ぶりの特別優勝のチャンスに立ち会えることができたのは、私の競輪取材の中でもかけがえのないものになるでしょう。クレジットカードのCMではありませんが、まさに“プライスレス”の値打ちです。でもこれ一度で終わるのではなく、今後も東口選手をはじめとする和歌山県勢が、特別競輪決勝の舞台に乗って、乗って、乗りまくり続けてくれることを期待したいと思います。

でもそうなったら、そうなったで、自腹出張の繰り返しになって、金続かんようになるゎ…。とにかく今度こそ車券で儲けさせて下さいよ!

私が車券で買うた選手、頼んまっせ!!

 (ほな、誰でもエエんちゃうんかいな? 大バカ!)




★プレゼントのおしらせ


「自腹出張日記 宇都宮・高松宮記念杯競輪」篇を、最後までご覧頂きありがとうございました。ここで、宇都宮土産をブログ愛読者の中から抽選でお二人にプレゼントします。


東口選手サイン入り 4番車Tシャツ(フリーサイズ)

東口選手サイン入り 4番車Tシャツ


メダリストプランニングの競輪グッズとして新登場した、ユニフォーム仕様のTシャツ(フリーサイズ)です。決勝戦4番車だった東口選手にサインを入れて頂きました。お一人にプレゼントします。



東口選手サイン入り 4番車キャップ

東口選手サイン入り 4番車キャップ

同じくメダリストプランニングの競輪グッズとして新登場した、ユニフォームカラーのキャップです。Tシャツと同様、東口選手のサイン入りです。こちらもお一人にプレゼントします。


【必要事項】
○希望賞品名「サイン入りTシャツ」または「サイン入りキャップ」
○住所・氏名・年齢・電話番号
○番組「夕暮れわかちゃんCLUB」や当ブログに対するご意見・ご感想

【宛先】
○ハガキ…〒640−8577(住所不要)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係
○メール… keirin@wbs.co.jp (件名に「ブログプレゼント希望」と必ず記入)
      和歌山放送「夕暮れわかちゃんCLUB」ブログプレゼント係

【〆切】平成26年7月25日(金)必着

なお当選発表は、賞品の発送をもって代えさせて頂きます。皆様からのたくさんのご応募、お待ちしております。


(宇都宮・高松宮記念杯競輪の項終わり)
posted by wbs at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自腹出張日記
この記事へのコメント
やりましたね!自腹・・・で初めてのプラス?おめでとう!フットワーク軽すぎるんちゃいますか?ラジオから培ったタイム感覚が僅かの時間も無駄にしない動きなのかな?
昨日の岸和田関トラで、稲垣選手と稲川選手と写真撮りました!次回和歌山でお見せします。稲垣選手の千メートルは、加速の凄さにびっくり。プロは違うわ。
自分なりにバンク走行と存続のための車券購入頑張って行きましょう!
Posted by 岸和田オヤジ at 2014年06月24日 00:46
岸和田オヤジさんへ

コメントありがとうございます。まぁ「プラス」といっても、競輪での収支はマイナスですし、交通費・ホテル代などを差し引いたら純粋なプラスにはなってませんからね…。

フットワーク軽すぎるんちゃいますか?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
いろんな方々から「山本さん、元気やなぁ」と言われてます。

ラジオから培ったタイム感覚が僅かの時間も無駄にしない動きなのかな?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
それは、ちょっと持ち上げすぎですよ。どう見ても、適当な行き当たりばったりの行動なんですから。

岸和田関トラは、雨にもかかわらず盛況だったようですね。でも、オヤジさんはケイリン決勝に乗れなかったのが残念だったのでは? また今度、稲垣&稲川の生写真見せて下さい。
Posted by 山本D at 2014年06月24日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100158809

この記事へのトラックバック